スアレス

選手ニュース

スアレスがヒザの半月板を手術、全治5-6週間か

「ルイス・スアレスがこの日曜日、ラモン・クガット医師によって右ヒザ外側半月板の手術を受ける」との公式発表を行いました。具体的な状態や回復期間などについては、手術終了後に改めて発表されるとのことです。メディアの見立てによれば、約6週間の欠場になりそうとのことですが・・・ さて。これは痛い。
選手ニュース

グリーズマンが順調にメッシ、スアレスと仲良くなっている話

アントワン・グリースマンがレオ・メッシやルイス・スアレスと急速に馴染んできている、というニュースをよく見かけるようになってきました。それがよく表れていたのが、バロンデオロ式典を終えてパリからバルセロナへと帰る機内だったそうで、メッシとグリーズマンは親密そうに話をしていたと。
選手ニュース

ルイス・スアレスがクラブに“9番”獲得を勧める「僕がもういない時のために」

ルイス・スアレスがクラブに“9番”の獲得を勧めています。それによって自身の競争は増えますが、三十路を過ぎて週2試合をプレーし続けるのもしんどいようで。クラブの未来のためにも、リレーバトンを渡すデランテロを見付けるべきだとの見解を示すスアレスです。
スポンサーリンク
トップチーム

采配的中で逆転勝利したインテル戦、でもモヤモヤ

2019/20シーズンのチャンピオンズ第2節 FCバルセロナ対インテルは、ひとつの選手交代でこうも展開が変わるものかと驚かされた試合でした。アルトゥロ・ビダルを入れたことでメッシとスアレスが非常に活きた。「解」を見付けた感があります。しかし今後もそれで行ってしまうのか。行ってしまうのでしょうか。
スポーツ紙

2019年10月04日(金)のバルセロナスポーツ紙:スアレス返り咲き

2019年10月04日(金)のバルセロナスポーツ紙は、インテル戦で活躍し英雄となったルイス・スアレス(とメッシ)が主役。結果を残すと状況は大きく変わります。
選手ニュース

スアレスの叱責に、デンベレ萎縮というイヤな話

リヨン戦ではルイス・スアレスが何度もウスマン・デンベレを叱りつけ、その結果、ウスマンが試合から消えていったという話があります。
選手ニュース

スアレスのゴール日照りは… 得点感覚の問題につき

0-0で引き分けたオリンピック・リヨン戦において、最も言及されているのがバルサの得点効率の悪さです。特に目立ったのが、チャンピオンズのアウェー戦における無得点記録を16試合・1,500分(25時間)に更新したルイス・スアレス。ただ、その不名誉な数字にスアレス自身は気落ちせず...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました