チャンピオンズ

マッチレポート

【マッチデータ】チャンピオンズ第2節 バルサ 2-1 インテル

FCバルセロナがカンプノウにてインテルを破り、今季のチャンピオンズで初白星(2-1)。前半はイタリアーノにいきなり先制点を許し、彼らのカウンターに苦しんだが、後半のアルトゥロ・ビダル登場からは一転してバルサのペース。メッシの動きが活発化し、ルイス・スアレスの2ゴールで逆転に成功した。
前日会見

試合に集中すべきとバルベルデ「全員が同じ道を向かわなければ」

さて、インテル・デ・ミランをカンプノウに迎えてのチャンピオンズ第2節です。F組の今後を左右する重要な一戦。バルセロニズモはこの対戦に完全集中・・・ かというとそうでもなく、ジェラール・ピケの発言を巡りロッカールームと理事会の緊張関係が議論されている、ざわざわした雰囲気です。そういうクラブなので、大事な試合の前には集中しようとメッセージを発しなければならない。今回はエルネスト・バルベルデがその役割を担っています。
スポーツ紙

2019年10月02日(水)のバルセロナスポーツ紙:さあインテル戦だ!

2019年10月02日(水)のバルセロナスポーツ紙は、カンプノウでのチャンピオンズ・インテル戦に臨むバルサがメインニュース。ここ最近のキーワードである団結を持って勝利を目指していこうとクレを鼓舞です。
スポンサーリンク
選手ニュース

ラングレ「インテル戦は良いテスト。自分たちの今の力を見るのは興味深いことだ」

おっとりしてそうな外見ながら、気骨はしっかりしていて言うことは言う、そんな印象なのがクレメン・ラングレです。フランス人セントラルは昨日、バルセロナのラジオ局RAC-1の番組にスタジオ出演。チャンピオンズ・インテル戦について語りつつ、チームに関するいくつかの質問にも答えています。
スポーツ紙

2019年10月01日(火)のバルセロナスポーツ紙:インテル戦へ向けて集中

2019年10月01日(火)のバルセロナスポーツ紙は、明日に迫ったチャンピオンズ・インテル戦へと向けて盛り上げる紙面。MDはカンプノウでのバルサの強さを、SPORTはチームの気合をピックアップしています。
スポーツ紙

2019年9月19日(木)のバルセロナスポーツ紙:マドリー惨敗

2019年9月19日(木)のバルセロナスポーツ紙は、攻守両面で良いところなくPSGに敗れたマドリーが主役。どちらの新聞も同じ「atropellar(踏みつけられる)」を使って白チームのやられっぷりを表現しています。
ポストマッチ

アウェーでの勝利は宿題だが、バルベルデの変化に期待:ドルトムント戦

FCバルセロナの2019/20チャンピオンズ初戦、対ボルシア・ドルトムントは0-0のエンパテで終了しました。1997年から続いている、チャンピオンズ第1戦での無敗記録は今回も継続となりましたが、アウェーでの勝利が遠いのもまた変わらずで。難関イドゥナ・パルクにつき、どうにか引き分けたのは朗報なんですけれど。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました