チャンピオンズ

マッチレポート

【マッチレポート】チャンピオンズ第5節 バルサ 3-1 ドルトムント

FCバルセロナがボルシア・ドルトムントを3-1で下し、グループF首位としてチャンピオンズ 1/8 final 進出を決めた。勝利の立役者は1ゴール2アシストのレオ・メッシ。混乱模様のドイツチームに対して圧巻のパフォーマンスでベストぶりを見せつけた。祝・MSGトリデンテそろい踏み。
マッチプレビュー

勝負のドルトムント戦:勝てばグループ首位確定、勝てないと・・・

FCバルセロナは今夜、カンプノウにボルシア・ドルトムントを迎えてのチャンピオンズ第5節に臨みます。ここで勝つことの褒美は大きく、1/8 final へと進めるだけでなくグループFの首位も確定できる。引き分け以下の場合は逆に敗退の可能性も出てくるので、是が非でも勝って楽になっておきたい勝負の一戦です。でもしかし。
スポーツ紙

2019年11月27日(水)のバルセロナスポーツ紙:必勝のドルトムント戦

2019年11月27日(水)のバルセロナスポーツ紙は、グループ首位を賭けて必勝のドルトムント戦に臨むバルサがメインニュース。マドリー勢のチャンピオンズ戦も大きな扱いとなってます。
スポンサーリンク
マッチプレビュー

ドルトムント戦はデフェンサの選択肢がない

長いシーズンの中には一つのラインに欠場者が集中することがよくあり、今バルサでは最終ラインのやり繰りが難しくなっています。ジョルディ・アルバとネルソン・セメドが負傷中で、ドルトムント戦はジェラール・ピケが出場停止。各ポジションで先発組が起用できない状況なのです。
ポストマッチ

泣ける現状を再確認:スラビア・プラハ戦

レバンテに敗れ、欧州戦でのリアクションを期待されたバルベルデチームが、カンプノウにてスラビア・プラハ相手に(予想どおり)しょっぱい試合をしました。45試合も続いていたという地元での毎試合得点を終わらせる、0-0のエンパテ。完封されたのは相手ポルテーロ Kolar が天晴れだったからとはいえ、内容は改善に遠く、今後どんな結末に向かうのか思うと不安しかありません。
マッチレポート

【マッチレビュー】チャンピオンズ第4節 バルサ 0-0 スラビア・プラハ

FCバルセロナがスラビア・プラハと無得点引き分け。カンプノウでの必勝ゲームだったが、統制の取れたスラビアの守備を崩しきることはできなかった。相手GKのKolarも大当たり。連動したプレッシングは見られず、終盤はメッシの個人突破頼みだった。問題点の解決は遠い。
マッチプレビュー

リアクションが求められる試合だが、内容改善は期待薄:プラハ戦プレビュー

エルネスト・バルベルデの足場がぐらついています。公式戦7連勝によってメディアに持ち上げられていたバルサでしたが、レバンテ戦を惨めに敗れたことで疑問の声が噴出。元々バルセロナらしいフットボールをしておらず、原点回帰への挑戦はいずこへ・・・という状況だったので、薄っぺらいメッキが剥がれたこと自体に驚きはありません。そこで訪れた、要塞カンプノウにスラビア・プラハ戦を迎えてのチャンピオンズでの一戦...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました