チーム情報

トップチーム

チームの一体感をもっと増すべく、セティエンがしていること

バルサ新監督キケ・セティエンと彼のスタッフたちは、いくつかの目標を定めて仕事に取り組んでいます。バルセロナらしいフットボールを取り戻すための戦術的なトレーニングがひとつ。そしてチームのの団結感をMAXまで高めることも重視しているらしく、その成果は徐々に表れ始めている模様です。
トップチーム

「好みでなかった」フットボールを改善すべく、セティエンチームは休みなくハードワークする

コパ1/16 final のUDイビサ戦は、シーズン途中での監督交代の難しさを再確認する試合でした。本来ならばプレシーズンに仕込むべき監督のプレーアイディアを、結果を出さねばならない公式戦で仕込まねばならない。セティエンとしてはわずかな機会も無駄にしたくないでしょう。彼はプレーの“自動化”を急ぎます。
トップチーム

バルサ一行、異例となる前々日の遠征出発。ビトリアで連泊しエイバル戦に備える

カタルーニャの緊迫した政治状況がFCバルセロナに影響を及ぼしています。今月26日に予定されていたエル・クラシコが12月に延期された件がそうですし、今週土曜のエイバル戦のためにバルサ一行が木曜日からビトリア入りしたのもそう。バルサはバスクで二泊することになります。
スポンサーリンク
トップチーム

スアレスOUT、ファティIN に感じた可能性

FCバルセロナはなんともう12試合も、連勝がないんだそうです。その理由は明白で、アウェイで勝てないんだから連勝は難しい。フットボールは基本的に、地元/敵地の繰り返しですから。この流れを断ち切るためのカギのひとつは、スアレスをファティと交代させたビジャレアル戦の采配にあるんじゃないか。そんな光をあの後の12分間で感じました。
トップチーム

ローマの傷をアンフィールドで広げ・・・ バルサはこれからどうするべきだろう

バルセロニスタを長くやっていれば、チームが大ポカをやらかすのもそう珍しいことじゃないです。特に近年はチャンピオンズが失敗の舞台となっている。パリ(4-0)、トリノ(3-0)、ローマ(3-0)、そして先日のリバポー(4-0)...
トップチーム

メッシたちの出場時間を調整し、“真実の時”へ

2019年3月のFIFAウィークでは、心配なニュースがひとつありました。アルゼンチン代表に復帰したレオ・メッシが「そけい部の違和感」(同国の医療報告)によって早々にバルセロナへと帰還したのです。
トップチーム

バルベルデバルサ復調の転機、それはウェンブリー

ベルナベウ方面が炎上する一方で、FCバルセロナはこの一ヶ月でずいぶんと希望の抱けるチーム状況になりました。レオ・メッシの負傷すら、前向きに持っていけた。その転機はなんといってもウェンブリーでのトッテナム戦、アルトゥール・メロの抜てきでした。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました