デンベレ

移籍話

遅まきながら プランB?

バルサの補強作戦が難航しています。コウチーニョもデンベレも交渉が暗礁に乗り上げそうな様子で、このままだと両作戦が頓挫しそうな可能性も。夏のマーケット終了まであと12日ほどとなった今、下すべきはどこで撤退するかの決断でしょう。
移籍話

デンベレの移籍成立迫る?

ドルトムント所属のフランス人デランテロ、ウスマン・デンベレのバルサ移籍の瞬間が迫っているようです。次世代のメガクラックと期待される選手を獲得できそうなのは嬉しいのですが、その費用は莫大につき、軽く目まいを起こしそうにもなります。
移籍話

デンベレの心はバルセロナへ

まだ20歳そこそこで一気にスターの階段を上ったウスマン・デンベレにとっては、ネイマールの後釜としてバルサ移籍の懸かったこの状況を平然と過ごすのは簡単ではないようです。
スポンサーリンク
移籍話

狙うのはデンベレ、コウチーニョ、イニゴのトリプル補強?

この8月5日のバルセロナ系スポーツ紙MDとSPORTのトップ記事は、似たようなものとなりました。アプローチは若干異なるものの、両紙に共通するのは多額のネイマール収入を得たバルサが
移籍話

デランテロ補強、フットボル的にはデンベレ

クラブの大看板の一人であるネイマールがPSGに引き抜かれようとしているバルセロナ。巨額のオイルマネーによってバルサのスター選手までもが“買われる立場”になっている現状はなんとも言えませんが
移籍話

ドルトムントはデンベレ移籍を完全拒否、ならば2018~19年獲得を目指す

将来スケールのでっかいクラックになりそうな気配をふんだんに漂わせるフランス代表の若きデランテロ、ウスマネ・デンベレ(20)。バルサのロベルト・フェルナンデスSDは前々から彼に高い関心を示しており、デンベレ本人も先日、昨年夏にロベルトからバルサ入団の打診があったことを認めています。
移籍話

デンベレ:ドルトムントの要求額9,000万ユーロ?

ロベルト・フェルナンデスが強い関心を示しているという二十歳のフランス人デランテロ、ウスマネ・デンベレ。レンヌでプレーしていた彼は昨夏、バルサからの誘いを断ってドルトムントへと移籍したのですが、その理由は試合に出場することで成長したいというものでした。バルサには怪物トリデンテがいますし、若者にとっては実戦経験が重要ですから、ごく真っ当な理由です。ただ、実績を手にした1年後にバルサでプレーしたい気持ちが強くなったとしても、移籍するのは難しい場合もある。ドルトムントに9,000万ユーロなんて法外な移籍金を求められると、バルサはもうお手上げです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました