ポルテーロ

選手ニュース

ネト離脱により、イニャキ・ペーニャに当たるスポットライト

災難とは思わぬところからやって来るもので、ラ・リーガ開幕を目前に控えたFCバルセロナにとってそれは、控えポルテーロであるネト・ムララの手首骨折です。そしてそのネトが欠場している間、第2ポルテーロとなって不測の事態に備えるのが、バルサBのイニャキ・ペーニャ(20)。
選手ニュース

ネト「バルサに自分の印を残し、歴史を作るために来た」

2019年7月9日(火)、ノルベルト・ムララ 通称ネトのFCバルセロナ入団発表会が行われました。会見でブラジル人ポルテーロが強調したのは、バルサが自分を選んだ理由を試合で示し、クラブ史に印を刻みたいということ。その意気込みや良し...
移籍話

シレセンはバレンシアへ・・・ そして来週ネトがバルサに来るだろう

世界最高の第2GKが、最高の第1GKとなるための挑戦に向かいます。ジャスペル・シレセン(30)がバルサを離れ、バレンシアへ。カンプノウでの3年間はテル・ステーゲンの控えゆえに、出番はコパに限定されていましたが、試合に出ればパラドンを連発する姿には感銘を受けたものです。
スポンサーリンク
選手ニュース

シレセンと、今後に関する最初の話合い

世界最高の第2ポルテーロ、との呼び声も高いジャスペル・シレセンの名前が、このところよくバルサ系メディアに出てきます。テル・ステーゲンのサブを完璧に務めて2シーズン、新たなステップを考え始めている、との見方が強まっているからです。
選手ニュース

人気銘柄 シレセン、プレミアの関心を呼ぶが・・・

バルサに求められるのであれば、それを受け入れると語る 現在のバルセロナにおいて、能力・成果と出場時間のバランスが最も取れていないと思う選手、それがジャスペル・シレセンです。テル・ステーゲンなる正ポルテーロがいるため、コパのみの出場...
選手ニュース

テル・ステーゲン「GKになったのは、人生最高の決断」

FCバルセロナがリーガ開幕から22試合無敗の新記録を樹立した、その大きな要因の一つが守備力の安定であり、失点の少なさです。特に最後の壁であるマルクアンドレ・テル・ステーゲンにチームは何度救われたことか。
クラブ全般

バルサの守護神はこうして育てられる

フットボルにおいて手の使えるポルテーロ(GK)は独特なポジションですが、バルサではさらにフィールドプレーヤー的な足元の技術も求められる、非常に特殊なものとなっています。カンプノウの守護神はビクトル・バルデス以降...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました