移籍・補強

トップチーム

バルサの2020年補強プランとやらを見て

11月22日のMD紙が、「バルサの2020年補強プラン」なる記事を出しています。それによると来夏バルサが優先補強ポイントだと考えているのは、右ラテラル、セントラル、9番の3つ。そうでしょうね、という各ポジションですが、守備ラインに関しては迷走感も漂います。
選手ニュース

トディボが早くも売りに出されているという話

FCバルセロナがジャンクレール・トディボへの移籍オファーを受け付けていて、冬のマーケットで退団する可能性が高いとSPORTが報じています。なんでもすでにバイエル・レバークーゼンと交渉中で、1,000万ユーロで合意に達する見込みだそうで。その場合セントラルは3人になるので、Bチームのアラウホにチャンスが回ってきます。
トップチーム

エリック・アビダル強化部長「ネイマールは明らかな選択肢」

現在、FCバルセロナの強化技術部でボスを務めているのがエリック・アビダルです。夏まではペップ・セグラなる上司がいましたが、今は彼が強化部門の責任者。そんなアビさんのインタビューが11月17日(日)のバルセロナスポーツ各紙に掲載されてまして、クラブに関する諸テーマについて見解を語っています。
スポンサーリンク
スポーツ紙

2019年11月13日(水)のバルセロナスポーツ紙:ウイリアンと冬の選手放出

2019年11月13日(水)のバルセロナスポーツ紙は、マーケット関連がトップニュースです。MDは、まだ消えてないことに驚くウイリアン話。SPORTは冬マーケットでの選手放出に関してです。ラキティッチのコメントが切ない。
選手ニュース

トッテナムが冬にアラニャーを欲しいらしい

トッテナム・ホットスパーがカルラス・アラニャー (21) の動向に目を光らせているそうです。そう伝えたのは10月22日のMD紙。バルベルデに招集外にされ続けているカンテラーノを、冬に退団するかもしれないエリクセンの後釜にしたいというんですね。
選手ニュース

ネイマールよりもムバッペだろう論争始まる

ウンザリするほどに長引いたネイマール獲得を巡ってのメロドラマ。自己都合でクラブに後ろ足で砂をかけながら去って行った選手を懸命に呼び戻そうとするその様子は、心底ガッカリするものでありました。しかし理事会内は一枚岩ではなく、ネイ復帰に反対する理事たちが反撃を開始している様子。そこで登場しているのが、獲得するならムバッペだろうとの意見です。
スポーツ紙

2019年9月03日(火)のバルセロナスポーツ紙:残留ネイとラキティッチ

2019年9月03日(火)のバルセロナスポーツ紙は、夏のマーケットが終了しネイマールとラキティッチの残留が確定したことがトップニュース。メロドラマが続編に入っています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました