セントラルを2人獲るという話、だがしかし

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

イェリー・ミナ+フランス人の若手を狙っているらしい

10月26日のSPORT紙が、バルサがセントラル(CB)を補強する考えで、それも1人ではなく2人の獲得を目指して動いている、と伝えています。うち1人はひょっとすると冬のマーケットで加入するかもしれない、とのことで、もしベルマーレンが退団を選ぶ場合はイェリー・ミナと契約する計画だそうです。

スポンサーリンク

基本は夏の獲得、しかし冬もあり得る

これまでの各報道を見たところ、遅かれ早かれ、イェリー・ミナをバルサが獲得するのは間違いなさそうです。バルセロナはコロンビア代表セントラルの優先購入権(900万ユーロ)を保有しており、いま南米で最も注目される若手選手デフェンサの一人であるミナを、セントラル補強の軸にしていると見られる。ミナもカンプノウ行きを今や遅しと待っているみたいです。

ただ、契約が冬なのかムンディアル(W杯)後なのか、バルサからミナ側にはまだ正式な連絡はないとSPORTはいいます。バルベルデはスカッドに5人のセントラルを抱えるつもりはないので、ベルマーレンがどういう決断を下すか、それ次第です。

イェリー・ミナの件は、もう何ヶ月も前から話されているのでいいでしょう。気になるのは、2人目のセントラル話です。

未来のセントラル(?) ジェリー・ミナ
FCバルセロナの未来のセントラルと呼ばれているのが、ブラジルのパルメイラスに所属するコロンビア人選手、ジェリー・ミナ(22)です。チームのブラジル選手権(カンペオナート)優勝に貢献し、大会最優秀デフェンサに選出された彼はバルセロニスタとして知られており、バルサも購入オプションを保有しているなど、近い将来のバルサ入団は濃厚そうな状況。年俸額で上回るマンチェスター・シティなどの誘いも断り、一途にカタランクラブからのオファーを待ってくれているそうです。しかしながら流動的な要素も含んでますので、バルサとしては過信してもいられない。これから選手側との面談を経て、どう行動するのか決めていくとされています。
セントラルが一人欲しい、しかし1月のミナ獲りにバルベルデは乗らない
エルネスト・バルベルデは冬のマーケットでセントラルの補強を望んでいる、といわれています。その有力候補はパルメイラスのコロンビア代表 イェリー・ミナ(22)と考えられてきましたが、どうやらチングリさんはこの選択肢にあまり心を動かされてないそうで...

ウンティティという成功体験

SPORTの説明では、バルサのセクレタリア・テクニカ(強化技術部)が狙っているのは、“サムエル・ウンティティの二匹目のドジョウ”です。

ビッグサムが予想以上にバルサスタイルにフィットしたので、フランス人の若手を獲れば、再成功の確率が高いんじゃないかという話。目を付けているらしいのが、サガドゥ(18歳、ドルトムント)、モウクタル・ディアカビ(20歳、リヨン)だそうです。

どちらも将来を期待される若手選手だそうですが・・・ それはつまり、OGCニースで武者修行中のマルロン・サントス(22)はもうバルサに戻すつもりはないということか。SPORTがネタとして言っているだけかもしれないので、いちいち気にせずマルロンの成長を期待すればいいんですが、セントラル補強の話題が多いので。

ちなみにOGCニースはこのところ調子が悪く、リーグ第10節時点で3勝1分6敗の14位・・・ 国内とヨーロッパリーグで4連敗を喫するなかで次は首位PSG戦ですから、厳しい感じです。マルロンもあまり出番がないので(リーグ出場4試合、第10節はフル出場)、ふんばりどころ。ファイト!

キャンペーン
スポンサーリンク

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

トップへ戻る