ネイマール続報

 

サントス時代を終え、バルセロナ時代を始めるクラック。

ネイマール

先週土曜にソーシャルネットを通じてネイマールが発表したとおり、27日(月)、ブラジルの若き至宝のサントスFC退団が正式に決定しました。場所はサンパウロにあるネイマールの個人事務所。そこに今回のオペレーションへと参加し、クラックのカンプノウ行きを実現させた主要メンバーが集い、”儀式”を行ったのです。上の写真はその儀式が完了した際の写真で、写っているのは左からネイマール父、ワグネル・リベイロ代理人、ネイマール、ラウール・サンジェイ、アンドレ・クリー代理人、そしてサントスの弁護士たち(各人については、過去記事を参照ください)。ちなみに撮影は元バルサのエヂミルソンさんであります。

この日、ネイマールは順番どおりに2枚の書類に署名をしています。まず1つめはサントスとの契約を終わりとする書類。2枚目へとサインをするためには、まずこちらにペンを滑らせる必要があったのです。そして待望の2枚目が、バルサ選手となる権利を獲得する書類。こちらはバルセロナへと大事に持ち帰られ、バルサ側の署名式がクラブオフィスにて執り行われることになります。

(※上の情報はSPORT紙によるもの。この日は移籍へと合意する書類にのみサインし、公式プレゼンテーションのためにバルセロナを訪れた際にバルサとの契約書に署名すると報じているメディアもある、というかむしろそちらが多数。SPORTウェブ版も何故か^^こちらの記述)

 

■ネイマール・ダ・シルバのコメント

(サントスファンへの感謝)「この特別なクラブで僕と共にいてくれたファンに感謝してる。ここでのことを、僕はずっと忘れることはないだろう。表玄関から出て行けることを、とても嬉しく思ってるよ」

(バルサについて)「このチームの一員になれるのは、すごく名誉なこと。夢が現実になるんだ。僕はこれから最高の選手たちや、メッシと一緒にプレーをする。間違いなく彼は世界最高の選手だよ」

(エヂさんについて)「エヂミルソンにはバルサに関するアドバイスをもらったし、街のことを聞いた。バルセロナはすばらしい所だって言ってたよ」

「背番号は特に気にしていない」

 

エヂミルソンが陰で支える

ネイの言葉を見ても分かりますように、どうやらエヂミルソン神父も今回のクラックのバルサ勧誘には一役買っていたようで^^。母国のスター後輩がバルサのユニに身を包むことになりご満悦の彼は、こんなふうに語っています。「ネイマールがブラジルを出てバルサへ行くのは、今が理想のタイミングだよ。彼はこれから世界最高のチームへ入って、最高の選手たちとプレーをする。彼は絶対に成功すると僕は思うね。バルセロナは他とは違うクラブで、ネイマールもまた他とは違う選手だ。みんなが思っている以上のものが足されることだろう。誰もにとって最高の契約だよ」

キャリアにおけるこの大事な儀式に呼ばれるほど、ネイマールと良い関係にあるエヂミルソンさん。SPORT紙によりますと彼は、今後もネイのバルサでの成功を陰で支えていくことになるのだそうです。では一体どんなことをするのかといえば、これが欧州初挑戦となる若者が安心して新生活を送っていけるように、ごく近くで彼を見守る。つまりはネイマールと一緒にバルセロナへと移り、カンテラのコーチに就任するというんですな!

フットボルバッセで子供たちを教えつつ、バルサの価値であるとか、ピッチ外での振舞い方や街のことなどを伝えていく。神父と称えられるその良識と優しさで若者を守っていく。バルサはネイマールが新しい環境やクラブに出来るかぎりスムーズに溶け込めるよう努めていくようで、そのチームの1人がエヂさんというわけです。友人であるアドリアーノやダニ・アルベスもまた、ネイの良き”保護者”となりましょう。

 

プレゼンテーションは6月3日(月)か

さてお楽しみ第一弾であるカンプノウでの公式プレゼンテーションですが、来週6月3日になると見られています。ネイマールは今週末よりコンフェデレーションズカップへと向けた代表合宿に入るのですが、ブラジルフットボル連盟は彼が休日となるこの日に一時チームを離れ、バルセロナへと飛ぶことに許可を出しました。大西洋を渡り、メディカルチェックを受け、署名儀式、ファンへの挨拶、記者会見、そして再び飛行機の旅と、怒涛の一日となりそうです。

その後はブラジル代表としてコンフェデ杯でプレーし、バケーションの後にティトチーム合流となるのですが、もしセレソンが決勝(6月30日)まで残れば、約1ヶ月のオフを取るとして、合流予定日は7月29日あたり。スペイン代表の面々は、この日が仕事始めの予定となっています。

そして各メディアが伝えるところによると、今年のジョアン・ガンペル杯はいつもよりも早めの8月2日(金)開催でほぼ決まりだとか。新チームのファン向けプレゼンとしての役割を持つガンペル杯ですから、その意味でこの日付は良いといえましょう。プレーするかどうかは別として、最大の主役になるのはもちろんネイマールです。対戦相手はサントスとなる可能性もあり。バルサとサントスはネイマール移籍に関する合意内容に、2つの親善試合(ブラジルとバルセロナで1つずつ)を含んでいるそうです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました