磨け、“原石”マルロン

スポンサーリンク

短期間でルイス・エンリケの評価を勝ち取ったセントラル。

このプレシーズン一番のサプライズ、夏の衝撃、というのは大げさですが、少なからぬインパクトを生み、クレにあいつをもっと見てみたいと思わせているのがフルミネンセからお試し移籍中のマルロン・サントスです。

セルティックとの夏初戦で約30分間プレーした彼を、ルイス・エンリケはレスター・シティ戦では先発起用。ハーフタイムでセルヒオ・ブスケツと交代となりましたが、そのパフォーマンスは20歳らしからぬ落ち着きと安定感があり、ひょっとしたら強化部はすごい“当たり”を連れてきたのではないかと期待させるものがあります。

テクニコも彼の資質に驚き、しっかり育ててみようと考えているようです。

ポテンシャルを高く評価

マルロン・サントスのデータを調べてみますと、2014年はブラジル選手権で20試合に出場、それが2015年は24試合に増え、2016年に入ると0試合に激減しています。

今年に入ってからは、よく分からない国内大会に幾つか出場しただけ。それはマルロンの出来が悪かったからではなく、フルミネンセの監督が新加入したエンリケ(“あの”元バルサのエンリケ)らベテランを優先起用したことで、出番を失っていたようです。

とはいえ一時停滞だったのは事実で、そこだけ見ると、やや不安になります。

しかし実際にトレーニングや試合でのプレーを見てみると、テクニコたちは彼のポテンシャルに驚いたといいます。

パス供給能力があり、キック力があり、スピードもあり、落ち着きもある左利きのセントラル。しかも20歳と若い。

SPORT紙によると監督たちはマルロンのことを磨けば輝くダイヤの原石だと見ており、もし今季その必要性が出てくれば、トップチームのセントラルを強化するオプションだと考えているのだそうです。

マルロンがバルサに貸し出された経緯については、よければこちらの過去記事を参照ください)

買取オプション 残り180万ユーロ

なんでもフルミネンセは最近、マルロン・サントスとの契約を2020年まで延長したのだそうです。

レンタル移籍中の選手と契約を延長するなんて珍しいケースですが、それはきっとバルサが来年夏に彼を送り戻した場合にビジネスをしようとしての事でしょう。

しかし500万ユーロで買取オプションを行使できる条項に影響はありませんし(ジェルソンの件ですでに320万を払っているので、残り180万ユーロ)、SPORT紙の見解では、レスター戦でいきなりバルサスタイルに適応してみせたマルロンをブラジルへ戻す考えはバルセロナにはありません。

バルサの左セントラルにはまずハビエル・マスチェラーノなる不動のレギュラーがおり、マティエウや移籍しなければベルマーレン、新加入のウンティティも控えています。
クラブとしては将来性を買った若きフランス人セントラルにもまた育ってもらわねばなりませんから、時間配分は難しそうです。

とはいえ長い1年、必ずや人手が欲しい状況は訪れますし、マルロンはレスター戦では右セントラルを危なげなくこなしていました。ドグラスでも昨年は3試合に出ているのですから、5試合はいけるんじゃないかと^^;

主戦場はひとまずフィリアルとなりますが、トレーニングは今後もトップチームで続けていくらしく、リオ五輪よりバルサでのプレシーズンを選んだその意気込みでミスターにアピールしていくことでしょう。ということで地味に気になる存在、マルロン・サントスについてでした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました