冬マーケットの優先は、スカッドを軽くすること

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

スポンサーリンク

戦力外選手を出さなければ、新たな戦力を入れられない

リーガ8試合、チャンピオンズ3試合の合計11試合を終え、バルベルデバルサの輪郭が徐々に固まってきました。ウスマン・デンベレが戻ってくることで、また変化が生じるとは予想しますが、スカッドの形は見えてきた。同時に戦力外となる選手も見えてきましたので、この冬にクラブがまず為べきことは、これら出番のない選手たちの“整理”です。

アルダ

FCバルセロナが冬のマーケットで再度コウチーニョ獲りに挑戦する、という話題は各所で目にします。しかしクラブがまずしなければならないのは、スカッドに新たなメンバーを加える前に戦力外選手を出すこと。夏のマーケットでし損ねたこの任務を実行する必要があります。

アルダ・トゥラントーマス・ベルマーレンパコ・アルカセルラフィーニャ。放出オペレーションの対象には数名の候補者名が挙がっていますが、最も有力なのはアルダでしょう。

3,400万ユーロの5年契約で獲得したアルダなので、残り契約期間が2年半であれば、2,000万ユーロのオファーが届けばクラブとしては満足できそうです。ただ、高額年俸を用意しても彼を獲得するであろうのは中国くらいで、欧州のクラブへ行くなら期限付き移籍でしょうか。ここで良いパフォーマンスができれば、夏に買い手がつくかもしれません。

アルダ・トゥランの過ち(もしくは思い違い)
10月19日付のSPORTウェブに、「アルダ・トゥランの大きな過ち」なる記事がありました。アスルグラナのトルコ代表が犯したエラー、それは同紙によると、夏に中国から届いていた巨額オファーを断ってしまった、というもの

もし良いオファーが届けば考える?

ベルマーレンは怪我の多さが最大のネックですが、能力はバルベルデも評価しているようなので、ワンポイントリリーフなら第4のセントラルとして使えます。もし良いオファーが届けば受け、ウワサの出ている若手選手(アヤックスのほら、あの読み方の難しい)などへ動く感じでしょうか。

パコ・アルカセルは出番のなさから戦力外のステッカーを貼られていますが、実際はそんな単純でもないように思います。チングリが先日「ここでは疑問を持たれている選手が多くいて、私はそれが理解できない」と語っていたのはゴメスパコのことではないか。ホセ・アルナイスが使えるとなれば、状況が変わるかもしれませんが。

よってスカッドを軽くする、とはいっても、まずはアルダ・トゥランの新天地探しで、残りは夏なのかなという気もします。

スポンサーリンク
キャンペーン
バルサ用語辞典

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

トップへ戻る