バルベルデのバルサ、得点源はカウンターアタック

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

スポンサーリンク

プレスして、奪って、突撃

エルネスト・バルベルデが監督となったことで、バルサは“バルサらしさ”を取り戻してきたといわれた時期がありました。ルイス・エンリケの中盤省略から、つなぐフットボールへ。しかし得点の割合は依然として、カウンター攻撃が多いそうです。

92ゴールのうち、48

2月22日付MD紙の記事によりますと、バルベルデのバルサは得点の過半数をカウンターから決めています。
特に相手のペナルティエリア近くで奪ってからの、ショートカウンター。

スタンフォード・ブリッジでレオ・メッシが決めた同点弾も、アンドレス・イニエスタの気迫のボール奪取がそのきっかけでした。

数字的には、ここまでバルセロナが決めた92ゴールのうち、48ゴールがカウンターから
ルイス・スアレスは20ゴールのうち14ゴールが、メッシは28ゴールのうち13がカウンターだそうです。
そんな印象でしたが、実際の数字がそう示してました。

スペースをどう作り出すか

ドリブル王子のネイマールがいた頃は、もっと距離の長いカウンターを多用していたルーチョバルサでしたが、最近はプレッシングが戦術の核となっているので、奪ってからの速攻が大事な武器となっています。

チャビ・エルナンデスがいた頃は、守備網にじわじわギャップを作ってスペースを生みだし、急所を刺せましたが、今はメッシがマークを引き付けるか、ライン裏へのスルーパスか。
相手守備ラインを広げるエストレーモも今のところいませんし(デンベレに期待)、ボール奪取してから守備組織が整う前に攻めるショートカウンター中心になるのは必然的な流れです。

バルベルデならもっとポゼッションからのゴールを決められるチームにしてくれそうに思います。
しかしスカッドにそのための選手が必要なので、当面はこのショートカウンター狙いですかね・・・

このニュースのまとめ

  • ・バルベルデバルサの得点は過半数がカウンターから
  • ・閉じた相手からスペースを作り出すのが難しい
  • ・ボール奪取直後はスペースがある

スポンサーリンク
キャンペーン

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

トップへ戻る