バルベルデ「ヘタフェの壁に激突し、破れてなかった」

チーム全員の力が必要になるとバルサ指揮官

アルフォンソ・ペレスで先制され、ヘタフェの守りに苦しみながらも、デニス・スアレスとパウリーニョのゴールで逆転勝利。試合終了後のエルネスト・バルベルデ監督は「難しいスタジアムでの困難な試合だった」と認めながらも、勝点3を持ち帰れたことに満足感を示しました。以下はヘタフェ戦終了後のチングリさんのコメントです。

スポンサーリンク

ヘタフェの壁を打ち破るために

私たちを強くする勝利だね。ヘタフェはプレッシャーが上手かったし、私たちは危険を作り出すのにかなり苦労させられた。上手くスペースを閉ざしてプレッシャーをかけ、私たちはそれを破ることができなかった」「前へと向かい続け、ひっくり返したことに価値があるんだ」

私たちのプレーに速さがなかったのは事実で、それによって大変苦労することになったね。ピッチコンディションも手助けにはならなかった。芝が乾いていたことでボールはあまり走らなかった。ただ、それとは関係なく、私たちは試合をひっくり返さなければならなかった。求めたのはマークを外すことでラインを破ることと、深みのある動きだった。私たちは壁に激突し、乗り越えることが出来てなかった

途中交代の選手が救世主に

デウロフェウデニスパウリーニョ)「個人的な視点から見ると、彼らにとって重要な試合となったね。自信を得ることで、彼らはより強くなるだろう。スカッドの層の厚さを示せた点も良い。ここにいない選手たちもいるけれど、彼らもチームを手助けすることが出来る。シーズンは長く、全員の力が必要となるだろう。3人は決定的な時間帯に活気をもたらしてくれた。彼らには得点力と飛び出しがあり、それによって私たちは困難なスタジアムで3ポイントを手にしたんだ」

「ゴールが決まったことで采配が的中したように見えるけれど、全ては主観的なものだからね。交代によって何も起こらない、あるいは考えたようにはならないことも多々あるだろう

デンベレの負傷

適応にブレーキをかけるね。怪我の具合を見る必要があるにせよ、チームのダイナミズムに入っていたのに停止を余儀なくされたのは残念だよ。大きな怪我でないことを期待している」

 

コメント

  1. Maria Smith より:

    Thank you for the article.

    Great blog that I enjoyed reading.

タイトルとURLをコピーしました