マッチデータ|リーガ第26節 ラス・パルマス 1-1 バルサ

Liga Española
jornada 26

マテウ・ラオスのナゾ判定が多発し・・・。
勝ち越しゴールが必要になって、焦って攻め急いだ。

UD Las Palmas FC Barcelona
1 1
1 de Marzo 2018 – Jueves 21:00 h
Estadio Gran Canaria
: 23,778
Goles
  Messi (21)
Calleri (48pk)  
Titular
Chichizola 【6】Ter Stegen
Dani Castellano 【5】Sergi Roberto
Gálvez 【5】Umtiti
Ximo Navarro 【6】Vermaelen
Aguirregaray 【4】Digne
Vicente Gómez 【5】Busquets
Halilovic 【4】Paulinho
Tana 【5】Iniesta (c)
Etedo 【4】Aleix Vidal
Jairo 【7】Messi
Calleri 【5】Suárez
Cambios
Vicente Gómez→ Aquilani (70) Aleix Vidal→【4】Coutinho (57)
Castellano→ Macedo (75) Paulinho→【5】Rakitic (63)
Jairo→ David García (86) Iniesta→【4】Dembélé (75)
Entrenadores
Paco Jémez 【4】Ernesto Valverde
Arbitro
Mateu Lahoz (valenciano)
Tarjetas
Aguirregaray (5) Digne (24 )
Dani Castellano (10) Sergi Roberto (41)
Ximo Navarro (20) Umtiti (52)
Etebo (66)  
Gálvez (68)  
Calleri (90+4)  
名前の次の数字は評価点:平均点【5】
Estadisticas
1a 2a Total Total 2a 1a
3 3 6

Tarjetas Amarillasredcard

3 1 2
0 0 0

Tarjetas Rojasredcard

0 0 0
8 4 12 (1)

Tiros a puertaredcard

10 (4) 4 6
0 2 2

Ocasiones de Golredcard

3 0 3
3 3 6

Cornersredcard

6 2 4
    3

Fueras de juegosredcard

1 1 0
8 9 17

Faltasredcard

13 6 7
    299

pasesredcard

545    
47%   40% Posesion del Balon 60%   53%
Formación

セメドが負傷中。
ジョルディ・アルバが出場停止。
デニス、ジェリー・ミナが監督判断で招集外。
シレセン、ピケ、ラキティッチ、デンベレ、コウチーニョ、アルカセル、アンドレ・ゴメスがベンチスタート。

中2日でアトレティコ・マドリー戦が控えており、いくつかの選手入れ替え。
出場停止にリーチのかかっているルイス・スアレスは(無事)フル出場した。
右ヒザが万全ではないピケはベンチに控え、ベルマーレンが先発。
中盤の右サイドはアレイシ・ビダル。

後半は戦況打破のために攻撃的選手を次々に投入。まずは57分、アレイシに替えてコウチーニョがそのまま右サイドに入った。
続いて63分にパウリーニョからラキティッチへ。
3人目の交代はイニエスタが任務終了となってデンベレが登場。コウチーニョが得意な左へ回った。

Titular Final
先発時 終了時
Goles
  Messi (21)
Calleri (48pk)  
Reporte
 

いろんな目論見が外れた試合。3日後に控えたアトレティコ・マドリーとの直接対決に、勝点差「7」で臨みたかったバルサだが、この引き分け(1-1)によって両チームの差は「5」へと縮まった。試合に大きな影響を及ぼしたのは、マテウ・ラオス主審のナゾだらけの判定。エリア外でハンドを犯した相手GKは見逃され、バルサは存在しないPKの笛を吹かれ・・・ この主審は本当にイヤになる。2点目を奪えなかったのも響いた。バルサの得点はメッシのFK。

スポンサーリンク

試合のトピックス

●立ち上がりはバルサのペース。勿体なかったのは7分、相手の不注意で手にした決定機(メッシスアレス vs GKとDF1人)を活かせなかったことだ。流れの中からチャンスとなったのは、思い返せばこれくらい。

レオ・メッシのフリーキックは冴えていた。11分の場面はGKチチソラの横っ飛びに阻まれたが、21分のFKではミサイルのようなシュートをゴール左に突き刺したクラック。今季のレオのFK弾はこれで5つめとなる。

メッシがグラン・カナリアで初ゴール。D10Sがリーガで“攻略”したスタジアムは、これで36個目だそうだ。
プロ通算では 599ゴール目(バルサで538、アルゼンチン代表で61)。

先制した時点では、わりと快勝できそうな気がしたのだが・・・。選手たちも「勝てる」と感じたのか、0-1後のバルサの圧力は低下し、追加点の匂いはしなくなった。せめてあともう1点奪っておければ。後悔先に立たず。

●ハーフタイム直前には物議を醸す出来事もあった。ルイス・スアレスがボールを拾えばGKと1対1の場面で、エリア外へと飛び出したGKチチソラが左手でボールタッチ。本来ならGK退場だが、マテウ・ラオス主審はこれを無視しさっさと前半終了の笛を鳴らした

マテウ・ラオスの理解不能な判定はそれだけではなかった。後半2分のCKで、その理由が不明のPKをラス・パルマスに与えたのだ。どうやらポストに当たって跳ねたボールが、前にいたディニェの手に当たったとの判定のようだが・・・ 微妙すぎる。存在してないファールと言ってもいい。

マテウ・ラオスが提供したPKはカジェリがネットに沈めた。テル・ステーゲンの対PKは見覚えがないな、と思ったら、バルサがPKを取られたこと自体、2年以上なかったと(2016年2月14日以来、79試合ぶり)。そりゃあ見覚えがないはずだ。今日のラス・パルマスの枠内シュートはこの1本のみだった。

●不条理なPKによって同点とされたバルセロナは勝ち越し点が必要となる。しかし勝点1を得られるチャンスに勢いづいたカナリアチームに対し、カタランチームはキレがなく。バルベルデの選手交代策も効果を発揮せず、シュートを放つことにも苦労して時間が過ぎていった(後半のシュート4本、決定機0)。

ラオス主審が酷かったのは事実とはいえ、バルサの出来が悪く2点目を奪えなかったのが痛かった。最後は、パコ・ヘメス監督らしからぬ守備固めで勝点1を取ったラス・パルマス。勝点2を取りこぼしたバルサは、3日後のアトレティコ戦が正念場となる。

●リーガ第21節の時点では「11」あったアトレティコとの勝点差が、エスパニョール(1-1)、ヘタフェ(0-0)、ラス・パルマス(1-1)に引き分けたことで「5」へと縮小。ここ5節で勝てたのはエイバル(0-2)とジローナ(6-1)のみで、スタンフォード・ブリッジでも1-1だった。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました