【マッチレポート】ラ・リーガ第18節 バルサ 4-1 アラベス

LaLiga | jornada 18

トリデンテそろい踏みで、年内最終戦を締めくくる。
2-1と迫られ、一時ドタバタするも、レオの一撃で勝負を決めた。

FCバルセロナがアラベスに4-1の快勝。MSGトリデンテのそろい踏みもあり、塩っぱいクラシコのちょっとした口直しにはなった。前半は圧倒的にバルサが支配。一方で後半はゆるく、2-1とされてしばらくは慌て混乱した。その状況を“正常化”させたのはメッシのゴラッソ。十八番の形だが、分かっていても止められない。

スポンサーリンク

試合のポイント

先制男グリーズマン:キックオフ直後からバルサがボールを支配した。中盤はローテーションが行われ、ビダルアラニャーのインテリオールコンビ。アラベスのプレッシングは緩く、時間と空間を手にしたバルサはゆとりを持ってボールをつないだ(前半の支配率は74%)。ブスケツのパスを受けた10分のメッシ弾は数cmでオフサイドと判定され、無効になったものの、14分にはグリーズマンが気持ちいいシュートをネットへと突き刺して1-0。ムッシュ先制点が今回も大きな仕事をやってくれた。



余裕の前半:その後はバルサが余裕をもってゲームを支配していく。エル・クラシコの疲れか、リズムは低めではあったが、怒濤の攻めもあった。会場が沸いたのは38分のカウンターだ。アラベスのCKからの速攻で、グリーズマンのヒールパスを受けたメッシのシュートがほんのわずかポスト外を通過。すばらしい崩しだっただけに、決まってほしかった。だが45分、ビダル弾は決まって2-0、バルサ楽勝ムードで前半は終了した。

気の緩みからピンチを招く:後半も最初の数分間はバルサがボールをコントロールし、オフサイドではあったが、メッシグリーズマンによる連携も見られた。しかし余裕さが気の緩みとなると、状況は容易に変化する。攻撃に転じ、あっさりと1点を返したアラベスを前に、バルサは慌てることになった。55分からの約15分間はアラベスの時間帯。楽々と自陣へと侵入を許し、スタンドからはバルサを叱咤する指笛も聞こえた。

そこでメッシ弾:ドタバタするバルサを落ち着かせたのは、レオ・メッシの一撃だった。DFたちに取り囲まれながらも放たれた左足のミドルシュートは、猛烈な勢いでゴール左端に吸い込まれ。よく見る形のゴールだが、何度見ても圧巻だ。カピタンの得点で決着は付き、以後はバルサが再びゲームをコントロールしている。75分にはVARがエリア内でのハンドを告げ、スアレスがPKを決めて4-1。スアレスは1得点2アシストの活躍だった。

トピックス

6年連続での50得点超え:レオ・メッシがまたひとつ並外れた記録を残した。アラベス戦でのゴラッソが2019年の50ゴール目となったメッシ。バルサの10番は2010年以降、2013年(45得点)以外は毎年50ゴール以上を決めており、6年連続・9度目の達成となる。圧倒的だった2012年は91ゴールの大記録。

●単独ピチーチ:メッシはラ・リーガでの得点数を13へと伸ばし、翌日に試合のあるベンゼマを1つ上回ってピチーチ競争で単独トップに立った。怪我で出遅れたメッシの、初得点は第8節のセビージャ戦。ここまで11試合出場で13得点を決めている。
アシストランキングでも、ルイス・スアレスと並んで首位(6)。

カンプノウ250得点レオ・メッシのカンプノウでの通算得点数が、250に到達。234試合での達成となる。カンプノウで観戦すれば、ほぼレオの得点に出会えるくらいの。

ルイス・スアレスが1得点2アシストの活躍:14分にはグリーズマンの先制点をアシスト。45分にもアルトゥロ・ビダルの2-0をお膳立てした。バルサの3点目はメッシの個人突破ではあったが、ボールを送ったのはスアレスだった。それら以外にも、スペースを作ったり、2列目からの飛び出しをサポートしたりとMVPに相応しい貢献をしている。

4度目のMSGトリデンテそろい踏み:メッシ、スアレス、グリーズマンが揃ってゴールを決めたのは、このアラベス戦で4回目。エイバル戦を初めに、ドルトムント戦、マジョルカ戦でもMSGが得点している。

力を示したアラニャー:カルラス・アラニャーが、ラ・リーガでは開幕節(@サンマメス)以来となる先発出場。左インテリオールを務め、チャンスを活かすべく奮闘した。アラベスの圧力は緩かったため、アラニャーにとってもやり易かっただろう。いつも縦方向を意識しているのが良い。
ラキティッチのように、ここへきて出番がぼちぼち増加中のアラニャー。冬マーケットでのレンタル移籍のウワサも絶えないが、さてクラブはどうする。カギとなるのは本人の意思。

六冠から10周年セレモニー:試合開始前には、2009年にペップチームが達成した偉業 年間六冠達成を祝うセレモニーが行われた。出席したのはカルラス・プジョルを筆頭に、ガビ・ミリートセイドゥ・ケイタマヌエル・ピントエリック・アビダル、そしてチャビ・トーレス(同年にデビューし、2試合出場)。

●セレモニーには現チームの“生き残り”たち、レオ・メッシセルヒオ・ブスケツジェラール・ピケも参加。良い雰囲気で記念撮影をしたが、思い出の映像上映とか、そんなのもなく淡泊に終了した。




FC Barcelona Deportivo Alavés
4 1
21 de Diciembre 2019 – Sabado 16:00 h
Camp Nou
:63,054
Goles
Griezmann (14)  
Arturo Vidal (45)  
  Pere Pons (56)
Messi (69)  
Suárez (75pk)  
Titular
Ter Stegen【7】 Pacheco
Sergi Roberto【6】 Martín
Piqué【6】 Rodrigo Ely
Umtiti【6】 Ximo Navarro
Jordi Alba【6】 Duarte
Busquets【7】 Aleix Vidal
Arturo Vidal【8】 Pere Pons
Aleñá【6】 Manu García
Messi (c)【8】 Wakaso
Griezmann【8】 Javi Muñoz
Suárez【8】 Lucas Pérez
Cambios
Busquets→
De Jong【6】(79)
Javi Muñoz→
Luis Rioja (53)
Sergi Roberto→
Semedo【5】(85)
Wakaso→
Joselu (70)
Suárez→
Carles Pérez【5】(85)
Aleix Vidal→
Burke (86)
Entrenadores
Ernesto Valverde【6】 Asier Garitano
Arbitro
Melero López (andaluz)
Tarjetas
Umtiti (67) Aleix Vidal (66)
Jordi Alba (88) Wakaso (67
  Martín (74)
名前の次の数字は評価点:平均点【5】
Estadisticas
1a 2a Total Total 2a 1a
2 2 4

Golesredcard

1 1 0
4 4 8 (4)

Tiros a puertaredcard

5 (3) 4 1
3 2 5

Ocasiones de Golredcard

2 2 0
1 2 3

Cornersredcard

4 3 1
5 3 8

Fueras de juegosredcard

0 0 0
    771

pasesredcard

330    
74% 64% 69% Posesion del Balon 31% 36% 26%
5 5 10

Faltasredcard

11 4 7
0 2 2

Tarjetas Amarillasredcard

3 3 0
0 0 0

Tarjetas Rojasredcard

0 0 0
Formación

アルトゥール、デンベレ、アンス・ファティが負傷欠場。トディボ、ワゲがベンチ外。
ネト、セメド、ラキティッチ、ラングレ、デ・ヨング、ジュニオル、カルラス・ペレスがベンチスタート。

前線以外はローテーションが実施され、ウンティティ、アルトゥロ・ビダル、アラニャーが先発起用された(中盤はクラシコから総入れ替え)。ビダルが前線のプレッシングをサポート。攻撃にもスムーズに絡んでいた。

交代は終盤からで、まずはブスケツ(病み上がり)に替えてデ・ヨング。
残り2人は同時で、セルジ・ロベルトとルイス・スアレスが任務終了となって、セメドとカルラス・ペレスがピッチに立った。

Titular Final
先発時 終了時
 

2019年12月22日(日)、アラベス戦翌日のバルセロナスポーツ紙。

MD「確実なる者たち」

  • 確実なる者たち
  • ビダルとトリデンテの得点により、バルサは2019年を首位そしてカンプノウ無敗で終える
  • → 3点目を決めたメッシは通年で9度目の50得点超え
  • インテルがアルトゥロ・ビダル獲得を目指して押すが、バルサは彼の退団を考えていない

SPORT「ハッピー・トリデンテ」

  • ハッピー・トリデンテ(※ハッピー・クリスマスにかけたっぽい)
  • バルサがアラベス相手のゴレアーダで2019年を終え、ラ・リーガのリーダーとして2020年を迎えることになる
  • → メッシ、グリーズマン、ルイス・スアレスが再びゴールを決め、相互理解ぶりを示した
  • 六冠バルサを称える

コメント

タイトルとURLをコピーしました