で、結局VAR(ビデオアシスタント審判)ってなによ

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

スポンサーリンク

リーガでの早い導入が求められるフットボルテクノロジー

多くのフットボルファンが注目した、リーガ・エスパニョーラの首位vs2位対決で発生してしまった大誤審。ゴールラインを明らかに超えていたメッシのゴールが無効とされたことは、世界にある意味衝撃を与えました。これによりスペインで再燃している、テクノロジー導入問題。1月のベティス戦につづき、2度も同様の経験をしたバルサも新技術の必要性を強く主張しています。

Embed from Getty Images

ようやく来シーズンから導入されるVAR

フットボルのプレー判定に関するテクノロジーでは、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)と“ホークアイ”に代表されるGLT(ゴールラインテクノロジー)が挙げられます。ここではまず、VARを見てみましょう。参考にしたのは11月28日付のSPORT紙です。

リーガ・エスパニョーラ1部では来季、つまり2018/19シーズンからこのVARが導入されるとスペインフットボル連盟(RFEF)やラ・リーガ(LFP)がすでに発表しています。ドイツ、イタリア、ポルトガルではすでに通常運転されているので、やっとの導入です。プレミアとリーグアンは試験運転中。

どうして他国よりも導入が遅れたのか、の理由についてSPORTはRFEFが当初大きな関心を示さなかったからと説明していますが、では何故RFEFがVARに関心を示さなかったのか。お金と手間がかかるから?それとも不利益を被るクラブがいて・・・(げふんげふん)

最終的には、フットボルの競技規則を決める組織 国際フットボル評議会(IFAB)にせっつかれての決断となったようです。それでもまだ、RFEFとラ・リーガ(LFP)のどちらがシステムの主導者になるかの利権争いがあったりと、どろどろしてるようなのでイヤですねぇ。

VARが介入する4つの条件

VAR制度は、ビデオアシスタント審判がモニターの用意された別室でプレーを注視し、必要とあればピッチ上の主審に決断の見直しを求める仕組みです。

VARが仲裁するのは ●ゴールか否か?ペナルティキックかどうか?一発レッドカードに該当するか?間違った選手にカードを出していないか の4要件。

これらで主審の判定が間違っているとVARが判断した場合、ちょっと待ったと連絡が入るようです。

別室の3人がモニターを見る

SPORTによると、リーガでは3人のメンバー(ビデオアシスタント審判アシスタント・ビデオアシスタント審判リプレイ・オペレーター)がセットで1試合を担当します。カメラが12台以上の試合では、オペレーターを1人追加。VARとアシスタントVARは、現役のリーガ審判が指名されます。

単純に考えて、審判の仕事が増えるわけですから、彼らの収入も増えます。リーガの審判は専業ではなく、普段は別の仕事についている兼業。1ヶ月に1~2度の審判業のところが、3~4度になったりするわけです。手当は第4審判と同額で、1試合1,000ユーロ(約13万円)とのこと。審判の時給、思いの外高い。

(さらに主審級は1シーズンで20万ユーロの収入だそうで・・・ あれだけレベルが低いと言われているのに、日本円でおよそ2,600万円・・・ プロでやれるんやないの・・・? ただしプレミアリーグでも平均年収が1,000~1,500万円くらいだそうで、この数字は眉唾)

鷹の目“ホークアイ” は見送り

そして来季からリーガに導入されるのはVARだけで、欧州主要リーグで用いられているホークアイは見送られます

ホークアイは審判補助システム。ボールの軌道をコンピューターグラフィックスで再現し、判定の補助をする映像処理システムです。ゴール付近に設置した複数のカメラでボールの正確な位置を割り出し、ボールがゴールラインを通過すると審判の腕時計に信号が届く。しかも瞬時に。便利!

何故これをリーガでも利用しないのか、その理由は経費の問題だそうです。FIFAとは使っているシステムが少し違うので、同期するための経費をリーガが払え、イヤだ、といった揉め事と。小さなクラブにとっても約1,600万円という設置費は負担になります。

微妙な場面では結局、人の目

VARとホークアイを両方利用してこそ、審判も楽になるでしょうに。よって、バレンシア戦でのメッシの幻のゴールは明らかに入っているのでVARによって有効と判定されますが、1cmだけラインに乗っているように見える場面、非常に微妙な場面ではVARは主審に介入しません。

人の目に頼っているかぎりは、“入った・入ってない騒動”はなくなりはしないでしょう。

ちなみにカンプノウではすでに、2016年時点でホークアイシステムが仕込まれています。メインスタンドにカメラ8台、バックスタンドに6台。UEFAの要請を受けて設置し、今季もチャンピオンズの2試合で用いられています(MD)。

このニュースのまとめ

  • ・リーガ1部では来季(2018/19)からVAR(ビデオアシスタント審判)を導入する
  • ・VARが介入するのは、ゴール・PK・一発レッドなど
  • ・ホークアイは見送られるので、騒動が残る余地あり

スポンサーリンク
キャンペーン
バルサ用語辞典

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

トップへ戻る