アリソンに「バルサの優位性はメッシだけだった」と言われた件

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

スポンサーリンク

メッシがいなければ並のチームという現状をどう打開していくか・・・

チャンピオンズ敗退はどんな形であれインパクトの強い出来事ですが、今回のローマ戦は戦い方として最悪だったことで、特に盛んに分析がなされています。監督の消極的すぎた戦術、ローテーション不足によるコンディション不良、メッシ依存・・・ クラブは冷静に分析を行い、適切な決断をとっていかねばなりません。

バルサにフットボール講義をした、とローマの守護神

エスタディオ・オリンピコでのバルサはローマに試合を牛耳られ、相手ゴールを脅かすことが出来ませんでした。主導権をローマに譲ったまま奪い返せず、良いようにやられて3-0で負けた。バルサからすれば恥辱、ローマにとっては完璧な試合。

カンプノウでのイダを4-1で落としながら、エウセビオ・ディ・フランチェスコ監督がどのようにして地元での大逆転へと備えたのか、守護神アリソン・ベッカーが母国ブラジルの Premium Sport TV に出演しこう説明しています。

「僕らはこの1週間、イダの試合を見直し、自分たちがバルサと勝負できることを理解したんだ。バルサの持ってた優位性がメッシだけだと僕らは知っていた。僕らは完璧な試合をしなければならなかったけど、それをやってのけたよ。僕らはバルサにレクチャーをしたんだ」

「守備的な視点では僕らのほうが優れていたし、バルサの本当に決定的なチャンスは一度もなかった。その一方で僕らはもっと点を取ることもできたね。僕らは開始すぐに得点をするための準備をしていた。そして全てが上手くいった」

フットボールの講義はバルサがするもの、だった時代はもうとっくに過去の話。

メッシなくして楽園はない

3年連続でチャンピオンズ準々決勝止まりとなったバルサが、再びヨーロッパでの覇権を夢見るためには、この『メッシを止められるとどうにもし難い』状況を修正していくことが求められます。これから行われる分析とその後の決断は、ここにどう手を付けるかがポイントとなるでしょう。

4月13日付のMD紙によりますと、バルサがチャンピオンズで敗退した過去9回ではいずれも、レオ・メッシの得点がなかったそうです。

つまり、準決勝であれ準々決勝であれ、バルサが敗退した時はイダでもブエルタでもメッシが得点できてなくて、その18試合でのチーム得点は11にとどまっていると。ここ2,3年だけでなく、グアルディオラ時代も含みますから脱却するにも容易ではありません。

例外はトリデンテが無双をしていた2014/15シーズンで、1/8 final の対マンチェスタ・シティでも1/4 final の対PSGでも、最後のユベントスとのベルリン決勝でもメッシの得点なくバルサは勝ち抜いている。

あれくらい破壊力があるとメッシゴールに頼らず勝ち抜けるわけですが、あのシーズンは困った時のチャビ・エルナンデスと、三冠をそのチャビの退団の花道にするという見えない力が働いていました。

グリースマン

まあレオ・メッシが別次元であるうちはその能力を有効活用すれば良いので、あとはいかに「優位な点がメッシだけ」と相手に思われないチームにしていくかですが、どうしましょうね。

MD曰く、「チャンピオンズでの得点不足を和らげるための大きな賭けはグリースマン」だそうですが、本当にその路線で良いのかどうか。脂の乗った27歳、たしかに活躍は期待できますし、ライバルチームの競争力アップを阻止する意味合いもありますが・・・。

クラックが増えれば得点力が増えてチャンピオンズ優勝!なんてユートピアじゃないのか。

3月・4月のコンディション

やりくり次第で改善が見込めるのは、チームのフォーム(コンディション)です。

メンバーを固定しすぎたことで4月にチーム全体のフォームが上がらなかった事実を反省し、より良好なコンディションでこの時期にたどり着けるようにすること。ローマ戦でも最近のリーガでも、バルサが潜在能力を発揮できてるとは言い難いからです。

結果を残そうと、バルベルデは手堅くメンバーを固定し過ぎました(ルーチョの大実験もどうかと思うけど)。そして三十路の主力たちはエネルギーを搾られ、この時期にフォームが上がらなかった。競争力を失った。

頼られ続けるベテラン、実戦で鍛えられない控え組の若手、両方に問題が生じても不思議はないですし、結局はここに次への課題は集約されるでしょう。

今の面子でバルサらしいポゼッションフットボールを復活できるかといえば、正直あまり期待できないのが辛い。どうすればヨーロッパでも勝てるチームになるのやら。アルトゥール・メロが奇跡的な大当たりになるとか、コウチーニョデンベレの覚醒とか・・・?

そして抽象的で申し訳ないですが、『バルベルデがギラッとしたオーラをまとう』これは必須なんじゃないかなと思います。なんかまだ淡泊というか。肉より魚の煮付けが好きそうというか(^^;)国内二冠を達成して、ギラッとした感じでリベンジしてほしいです。

(コパを落とし、マドリーが欧州3連覇となると改革の可能性もあり)

このニュースのまとめ

  • ・バルサの優位性はメッシだけだったとローマのアリソン
  • ・メッシの得点なくしてCLで勝てない
  • ・大事な4月にコンディション不良

キャンペーン
スポンサーリンク

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

『アリソンに「バルサの優位性はメッシだけだった」と言われた件』へのコメント

  1. 名前:レト 投稿日:2018/04/14(土) 17:13:56 ID:afcf3f56e

    ペップもメッシのいないチームを指揮してから1度もCL優勝したことないんですよね・・・
    メッシの他にチームを背負える選手が出てくるまでCLではしばらく勝てなくなるのではないかと。
    デンベレやコウチーニョがそうなればありがたいですが。
    CL優勝に関しては完全に願望込みの議論になってしまうので何が正しいかはわかりません。

トップへ戻る