またもやラ・マシアの宝石に流出の話・・・ 今度はロベルト・ナバーロ

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

スポンサーリンク

今季のカンテラ最優秀選手とも評されるカデテAの注目株

ラ・マシアのキラキラ星がまたひとり、バルセロナを離れると見られています。カデテAに所属するアタッカーのロベルト・ナバーロ(15)がその選手で、昨年ジョルディ・ムボウラが去ったASモナコに移籍するというのです。

ロベルト・ナバーロはあと11日でFCバルセロナとの契約が満了するのですが、これを更新せず、モナコと5年契約(3年+2年延長オプション)を結ぶだろうとSPORT紙。

バルサは今季カンテラーノの流出が続いていて、セルヒオ・ゴメス(ドルトムント)、ジョエル・ロペス(アーセナル)、アドリア・ベルナベ(シティ)、パブロ・モレノ(ユベントス)が退団ですから、ナバーロまで去るとなるともうね。

ジョエル・ロペスパブロ・モレノも、ロベルト・ナバーロと同じカデテAの選手。この選手が16歳になる、カデテからフベニールへとステップアップする頃はいつもながら危険です。

(ちなみにカデテAはスペクタクルなシーズンを送り、タイトルを総なめ)

ASモナコの勧誘に

ロベルト・ナバーロはラ・マシアのなかでも特に未来が期待された攻撃的な選手(左サイド)です。

バルセロナ人なのですが、そのプレーからはブラジルの香りがするということで、付いたニックネームが“ロベルティーニョ”。フェイントやらドリブルやら、たしかに実にトリッキーで巧みで、そりゃあこれは他国クラブの注目を集めます。

ロベルト・ナバーロに関しては数ヶ月前からマンチェスター・シティだの、アーセナルだののウワサがありましたが、最終的にもっとも若者を納得させたのがASモナコのオファーだったようです。1年前にモナコへと去り、トップデビューも果たしたムボウラの存在が大きかったのでしょう。

なんでもモナコは何人もの幹部をナバーロのために送り込み、スポーツディレクター(ミカエル・エメナロ氏)まで説得に来ていたそうなので、熱意でバルサが負けた感が否めない。

そしてその世代で特に期待されている選手たちが、トップ昇格を夢見られずに他クラブの勧誘に乗ってしまう現状・・・ バルトメウさん、こんなビデオを作って満足してる場合やおまへんで。

MDは「モナコとの交渉は最後の詰めを残すだけだが、まだなにも閉じていない」とかすかな望みに託していますが、希望は薄いか。バイエルン入団、と報じられて残ったマテウ・モレイの例もありますけどね。

このニュースのまとめ

  • ・カデテの星、ロベルト・ナバーロがモナコに去るという
  • ・ロベルティーニョのあだ名を持つテクニシャン
  • ・アドリア・ベルナベ、パブロ・モレノなど流出が続く

スポンサーリンク
キャンペーン

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

トップへ戻る