タフなプレシーズン、バルサB選手の選考は続く

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

スポンサーリンク

来週のUSAツアー出発へ向け、準備を進める選手たちとテクニコ

エルネスト・バルベルデのもとで2018/19シーズンの準備が始まって、早いものでもう1週間となりました。基礎体力をつけるこの時期は、 基本的に午前(9時半)と午後(18時半)のダブルセッション。これは監督へのアピールの場でもあり、選手たちは精力的に汗を流しています。

バルサ選手たちの白ソックスって、あなり見慣れない^^

日替わりでチェック

ムンディアルに出場した各国代表選手たちが不在のこの段階は、注目はよりフィリアル(Bチーム)の若者たちに集まります。

バルベルデは毎日、バルサBから複数の選手をトレーニングに呼んでいるのですが、これは誰をUSAツアーに連れて行くかを決めるための選考の場でもありまして。

ダブルセッションになった月曜日はセルジ・パレンシアマルク・ククレリャアベル・ルイスオスカル・ミンゲサモンチュホルヘ・クエンカリキ・プッチ(+午後のみカルラス・ペレス)が、

午前だけのトレーニングだった火曜日はマテウ・モレイチュミファン・ミランダアレックス・コジャドラファ・ムヒカホルヘ・クエンカカルラス・ペレスがトップチームとのトレーニングを行っています。

長身セントラルのホルヘ・クエンカが2日連続で呼ばれているのは、一歩リードの証しか。サイドアタッカーのカルラス・ペレスも2日続けての練習参加です。
再び朝夕のダブルセッションになるこの水曜日に呼ばれるのは、どのB選手でしょうか。

トップチームは移籍待ち選手が多数

一方で主力がワールドカップの休暇中であるトップチームの選手たちは、レギュラー取りを狙う勝負の1年グループと、すでに構想外となって次の所属先決定を待つグループ(主に期限付き移籍から戻ってきた選手たち)とに分かれます。それに新加入選手。

前者がデニス・スアレスネルソン・セメドパコ・アルカセルルカス・ディニェ、(一応)セルジ・ロベルト
後者がドグラスムニールラフィーニャセルジ・サンペールマルロンアンドレ・ゴメスアレイシ・ビダルか。

放出作戦が進んでいない。
シレセンは不動の第2ポルテーロなのでどちらにもあたらず、第3ポルテーロのオルトラも特殊な立場です。

こうしてみると、いまはデニスセメドアルトゥールレングレ、それにバルサBの若者たちが主役のプレシーズン第一幕。ラフィーニャが一転残留になったりしても嬉しいのですが、期待薄かな。

怪我から回復中のカルラス・アラニャーは、焦るだろうけれどじっくりと。

このニュースのまとめ

  • ・1日おきのダブルセッションで汗を流す選手たち
  • ・バルサB選手にとってはUSAツアーへの選考会
  • ・デニス、セメド、アルトゥール、レングレ

スポンサーリンク
キャンペーン
バルサ用語辞典

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

トップへ戻る