売り上げ記録 1億2,400万ユーロ!!

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

スポンサーリンク

1億2,590万ユーロの補強額とほぼ同じ

高く買い物をして、安く売ることで定評のあった(批判を受けてきた)バルサが、快調に売却益を伸ばしています。今夏のバルサは退団した9選手のうち、6選手が移籍金を残していまして、その合計額がなんと1億2,400万ユーロ。もちろんクラブ新記録です。

※PSGの契約解除金支払いによるネイマール引き抜き(2億2,200万ユーロ)は除く

6選手で収入が発生

2018年夏にバルセロナを去った選手たちと、金庫に残した移籍金の額は以下になります(8月10日現在)。

選手名 移籍金
パウリーニョ 5,000万
ジェリー・ミナ 3,025万
ディニェ 2,020万
デウロフェウ 1,300万
アレイシ・ビダル 850万
アンドレ・ゴメス 225万(期限付き移籍)
イニエスタ 契約終了
オルトラ 期限付き移籍
ドグラス 期限付き移籍
単位はユーロ

光っているのはなんといっても、パウパウの5,000万ユーロ。契約解除金4,000万ユーロなんてバカげている、と思っていたら、1,000万ユーロの利益が出てしまいました。
バルサで6試合しかプレーしていないのに3,025万ユーロを残したジェリー・ミナも、ビジネス面で見れば成功。バルサがパルメイラスに支払ったのは1,200万ユーロですから、1,825万ユーロの利益です。

アンドレ・ゴメスも良い行き先が見つかった。
期限付き移籍ながら、エバートンが給料を引き受けてくれた上に、賃料として225万ユーロをバルサに払ってくれるというすばらしさ。期限付き移籍なのに、225万ユーロの収入発生!負傷中につき、これがベストじゃないでしょうか。
ジェリー・ミナルカス・ディニェもエバートンですし、こちらの青組さんには感謝感謝です。

若い選手は夢破れても買い手が付きやすい

そして1億2,400万ユーロの収入が出たことで、この夏に費やしたアルトゥールレングレマルコムアルトゥロ・ビダルの移籍金 1億2,590万ユーロはほぼまかなえてしまいました。

パウリーニョの5,000万ユーロが効いているとはいえ、ポイントは“ミドルクラス”たちに値が付いていることでしょう。

2年前に獲得した、当時22歳の選手たち。
ジェリー・ミナを含め、将来性のある若手を獲得しておけば、彼らの夢がバルサで叶えられなかったとしてもまだ良いオファーが届くので、大きなマイナスにはならない。場合によっては利益も出る。

次はトップチームでの夢が破れたカンテラーノたちをタダ同然で手放さないようにすれば・・・
みんな若くして退団するのに、ほとんど値段が付かないですからね・・・ (長年の貢献に敬意を払い、契約解除も多い)

このニュースのまとめ

  • ・バルサはこの夏、選手放出で1億2,400万ユーロの収入
  • ・6選手が金庫にお金を残した
  • ・若くて良い選手は買い手が付く

スポンサーリンク
キャンペーン
バルサ用語辞典

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

トップへ戻る