コパ王者バルサのデビュー戦:注目はマルコム

スポンサーリンク

バルセロニスタはついにマルコムのプレーを楽しめるのか

FCバルセロナのコパ・デル・レイ(国王杯)2018/19 が始まります。
例年なら「カンテラーノ頑張りや」くらいでさほど注目も集めない 1/16 final(準々々々決勝)。しかし今季は事情が違い、ここまで25分しか出場のない高額獲得選手 マルコム がついに先発するだろうということで、妙な興味をそそっている今夜のクルトゥラル・レオネサ戦です。

控え組とカンテラーノたちのアピールチャンス

セグンダ・ディビシオンA(2部)やB(3部)のチームと対戦するコパの 1/16 final は、控え組とカンテラーノたちにとってのまたとないアピール機会です。
ここで良いパフォーマンスを示すことができれば、先発組もしくはトップチームへの扉が開く。少なくとも扉を力強くノックすることになる。どんな話題の選手もプロですから、それぞれのチャンスを活かさねば、次の段階へは進めません。

この10月31日の、ハロウィーンナイトのクルトゥラル・レオネサ戦に、エルネスト・バルベルデは主力選手たち7人(テル・ステーゲンピケアルバブスケツラキティッチコウチーニョルイス・スアレス)を温存しています。負傷中のメッシは引き続きリハビリ中で欠場。

注目点は、大きく分けて次の二つとなります。

  • ■ついについに、マルコムが先発起用されるのか。どんなプレーを見せるのか
  • バルサBの若者たちから光ってみせる選手は現れるのか

あとはそう・・・ 背番号(16)はもらったけれども、マルコム以上に冷遇されているセルジ・サンペールに果たして出場時間は与えられるのかどうか・・・ 。
デニス・スアレスもプレシーズンに負傷してから干されっぱなしなので、ここで出番がなければ厳しそうです。

  • クルトゥラル戦招集リスト
  • GK:シレセン、イニャキ(B)
  • DF:セメド、ラングレ、ミランダ(B)、クエンカ(B)、チュミ(B)
  • MF:デニス、アルトゥール、ラフィーニャ、サンペール、セルジ・ロベルト、ビダル、アラニャー(B?)、リキ・プッチ(B)
  • FW:デンベレ、マルコム、ムニール

マルコム

マルコム・フィリペ・シルバ・デ・オリベイラは2018年夏の最高額補強(4,100万ユーロ)選手にもかかわらず、謎といえるくらいにバルベルデに使われていません。

Embed from Getty Images

昨季はボルドーで38試合に出場し、12ゴールを決める活躍で注目の若手となったマルコムでしたが、ローマから横取りして契約した彼をバルベルデはここまで25分しか起用することなく。
プレシーズンマッチでは爆発力あるプレーで2ゴールを決めるなど存在感を出していただけに、ミスターが何故こんなにも彼を使わないのか不思議なのです。

毎日のトレーニングで誰よりも選手をよく見ているのは、他ならぬバルベルデです。
なのでマルコムはまだ、ゲームに出すレベルに達していないってことでしょう。
9月3日のトレーニング中に右足首を捻挫し、出場許可まで3週間を要したこと、これが高く付いたとは推察できます。

で、今夜のクルトゥラル・レオネサ戦がやってきたわけですが。
全然試合に出ていない若手選手に、この1試合で結果を出せって言うのは厳しいとは思う。
失敗を恐れて、無難なプレーになってしまうかもしれない。
でも状況を打破するにはマルコム自身のプレーしかないわけですから、一発大胆にやりきってほしいです。

レイノ・デ・レオンがマルコムにとって良い思い出のスタジアムになることを期待。
本日のMD紙は「マルコムはバルベルデと話をし、もし状況が変わらないのであれば、1月に移籍するように監督に求めた」と報じています。

カンテラーノたちの時

コパ初戦は、カンテラーノたちにとってもトップチームでの経験を手にし、監督に資質をアピールするための絶好の機会です。

Embed from Getty Images

今回のレオン遠征にバルベルデが招集したバルサB選手は、イニャキ・ペーニャ(ポルテーロ)、チュミクエンカ(セントラル)、ミランダ(左ラテラル)、そしてリキ・プッチ(セントロカンピスタ)の5人。アラニャーをこっちに入れるなら6人。

イニャキジャスペル・シレセンにアクシデントがないかぎり、出番はないでしょう。
残る5人のフィールドプレーヤーたちが、“同時にピッチには入れるBチーム選手は4人まで”とのレギュレーションの中でどう起用されるのか楽しみです。何人先発するかな。

怪我人が出てやり繰りが苦しいセントラルのチュミ、左ラテラルとして唯一招集のミランダ、トップチーム選手ながら試合に出るためBチーム背番号のアラニャーは先発しそうです。

ちなみにアラニャー以外の5人は、試合に出ればトップチームでの公式戦デビューになります。

幸い今シーズンの国王杯はDAZNさんが独占配信してくれるので、観戦可能、ありがたや。

このニュースのまとめ

  • ・今季のコパ 1/16 final の対戦相手はクルトゥラル・レオネサ
  • ・マルコムがついに先発起用されるか、注目集まる
  • ・カンテラーノは何人見られるだろう

 

コメント

  1. レト より:

    久々の主力温存の機会で逆に再認識させられますけど、主力の出場時間が本当にヤバいことになってますね。
    代表招集されない選手はまだマシですが、ラキティッチは完全にレッドゾーンでしょう。
    残り10分と言わず残り30分で下げられる試合が増えるといいのですが。

タイトルとURLをコピーしました