メッシ、再びラ・マシアに賭けることの重要さを説く

トップチームに上がってくるカンテラーノが減っていることへの、カピタンの意見

12月27日のMARCA紙はどうしたことでしょう、我らのレオ・メッシへの独占インタビューを超目玉に持ってきました。さすがはピチーチ賞やボタ・デ・オロ賞を授与する新聞様だけあります。SPORTにCR7のインタビュー&表紙なんて考えられないのですよね(笑)

このMARCAのインタビューは内容が濃く、長くなっています。日本のメディアで取り上げられているのは、ごく一部。たしかにキャッチーなクリスティアノとのライバル関係や、バロン・デ・オロに関するコメントは興味深いのですが、クレとしてはもっと注目すべき箇所があると思うので、こちらではそちらを紹介します。

バルサの真髄の一つである、カンテラに関するコメントです。

スポンサーリンク

カンテラモデルへの回帰が重要

FCバルセロナがカンテラモデルを大切にしてきたことは、MARCA紙も認めるところです。今季はトップ昇格したカルラス・アラニャーをはじめ、ファン・ミランダチュミリキ・プッチらが少しずつではあるものの出場機会を手にしている。彼ら若者に驚いたか、と訊ねられたメッシはこう語りました。

「最初はね。でも一緒にトレーニングをしていたら、彼らが他とは違う選手たちだって気付くよ。クラブは彼らを上手く僕らとトレーニングさせてる。そうすることで彼らはより成長していくだろうし、クラブがカサ(ホーム)の人間を引き上げていくのは良いことだよね。カンテラーノが出てこなくなって時間が経つから。このモデルへ戻ることが、カンテラとクラブにとって重要なんだ」

11人全員がカンテラーノへのカギ

バルサのカンテラが頂点を極めたのは、バロンデオロの表彰台をメッシイニエスタチャビが独占したペップ時代から、ティト・ビラノバがピッチ上の11人全員をカンテラーノにしてみせたあたり。ああいうことが再度起こりえるのか、との質問へのレオの答えはこうです。

「今では困難だよ。カンテラの子たちにチャンスを与えながら、再び彼らに賭けるようになるのは重要だ。カンテラの子たちがバルセロナのトップチームへ到達することが不可能ではないって思うこと。僕らには偉大なカンテラがあるから、将来的にカサ出身の11人がプレーすることはあると僕は思うよ。でも時間がかかるだろうね」

トップ昇格と、魅惑のオファー

気になるのは、辛抱強くハードワークしていればトップチームに行ける可能性の高そうな子たちが、結果を急いで別のクラブへと移籍してしまうことです。勿体ない、と思うことが多々あります。

「僕らの時代はまた違っていた。今の状況は別物だから、僕らはそれに適応しないといけないんだ。若い選手たちの元へ、魅力的なオファーが届くのは事実。お金だけでなく、スポーツ的にも良い条件を提案されている時に、決断するのは簡単じゃないよ。下のチームにいる子たちはトップチームへと上がるのは困難だと考えていて、その一方で彼らにトップ昇格+お金を与えるクラブがある。これは魅力的だよね。そういった理由から、カンテラの良い選手たちが去らず、彼らにチャンスが与えられているのはポジティブなことさ」

ビッグタイトル獲得を求められるバルサは、競争力あるスカッドとするために毎シーズン選手を補強しなければならない。カンテラーノの子たちがカンプノウの夢を見にくくなっているのも、仕方ない部分はあります。

それでもバルサはバルサ。クラブのモデルたるカンテラーノ育成を止めてはバルサではなくなる。数年間の難しい時期を終え、今は期待できる若者たちが育ってきているので、控えクラスの選手はラ・マシアで補うように頑張っていけばまた再びスカッドにカンテラーノが増えていると思います。

もう一度必ずや黄金世代がやってくる。そう信じて応援していきましょうぞ。
そして困難な道だからこそ、諦めず選んでくれたカンテラーノが愛おしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました