マッチレポート|チャンピオンズ 1/8 リヨン 0-0 バルサ

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

スポンサーリンク

Champions League | 1/8 final, ida

試合は支配し、シュートの雨を降らせたが、目標とした得点は奪えず。
ゴール前での精度を欠いた。

リヨンへ乗り込んでのチャンピオンズ1/8 final 第一幕は、無得点の引き分け。バルセロナは24本ものシュートを打ち込みながら、ゴール前での効率悪く(枠内5本)目標としたアウェー得点を奪えなかった。勝負は開かれた状態でカンプノウでの第二幕へ。

Embed from Getty Images

試合の流れ

序盤は打ち合い:過去数試合に比べると、パフォーマンスのイメージは良くなった。バルサ選手たちは集中力高くゲームに入り、すぐさまボールを支配。リヨンの組み立てを窒息させ、次々とゴール前へと迫った。一方のリヨンは速攻から好機を演出。7分にはテリエのミサイルシュートをテル・ステーゲンがセーブして事なきを得た。



最後の崩しがいまひとつ:バルサの攻めは、ほぼ全てレオ・メッシを経由して行われた。左エストレーモのウスマン・デンベレの速さも大きな武器に。プレッシングが機能し、相手陣内深くでボールを奪い取れたのは大きい。カウンターを受けに回った後も、スペースがあったので容易にシュートまで。しかし・・・ 最後の崩しでアイディアがいまひとつで、これは決まったというシュート状況はほとんどなかった

●後半も基本的な展開に変化はなかった。バルセロナがボールを保持し、リヨンはボールを持つと縦へと急ぐ。前半に比べると、無失点に価値のあるリヨンがスペースを潰すようになっていたのが変化点。バルサは引き続きラストパスの切れ味が悪く、GKロペスを慌てさせる場面は少なかった

状況に変化なし:局面を打開するためのバルベルデの交代策、デンベレに替えてのコウチーニョ起用はそう悪い手でもなく、左サイドはバルサの攻撃拠点となった。しかし最後の一手が足りない問題は解決されず。選手たちのゴールを狙う姿勢に不足はなく、あらゆる攻めを試みてはいたのだが、ゴールは遠かった。アルトゥール不在によってメッシが組み立てから仕上げまでを担っていた(頼りすぎた)ことが、この要因か。

決着はカンプノウへ:24本ものシュートを放ちながらも、1点も決められなかったのは残念。そのほとんどが枠を外したことと、幾つかあった決定機(ルイス・スアレスセルヒオ・ブスケツ)をGKロペスの好守などで阻まれたことで無得点に終わった。決着は3月13日のカンプノウ対決へと持ち越し。

トピックス

欧州での宿題:チャンピオンズのトーナメントラウンドの、アウェー戦で勝てないバルセロナ。2015/16シーズンの1/8 final イダにてアーセナルに0-2で勝って以来、敵地で勝ちがない。

スアレスは今回も無得点:特にルイス・スアレスの欧州ゴール干上がりは深刻で、チャンピオンズのアウェー戦では16試合、25時間(1,507分間)ゴールをあげられていない。最後のゴールは2015年9月16日のローマ戦(1-1)。チャンピオンズはカンプノウでも苦労していて、同大会では過去16試合でわずか1ゴールのみとなっている。

スアレスのゴール干上がりはリーガにも及んでおり、現在、公式戦5試合(451分間)ノーゴール中。

前例は安心・・・?:敵地でのイダ(第1戦)を0-0。これは非常に怖いスコアではあるが、チャンピオンズで過去に2度あった前例では、バルサはいずれも勝ち抜けに成功している。2005/06準々決勝の対ベンフィカはカンプノウにて2-0勝利。2011/12準々決勝の対ミランはカンプノウで3-1。

セメドがリーチ:最近上り調子で、このリヨン戦でも良いプレーを見せたネルソン・セメド。彼はチャンピオンズでのカード累積が2枚となっており、次の試合で警告を受ければ、もし準々決勝へ勝ち進んでも出場停止となる。

セルジ・ロベルト出血:アルトゥール欠場を補うべく、右インテリオールとして先発出場したセルジ・ロベルト。気の利いたポジショニングでプレッシングに貢献したほか、後半の60分には相手選手の肘打ちによって口内を切り、大出血で主役となった。血濡れたパンツを替えたほどの出血量と。
応急処置後は、口にガーゼを入れてプレーし、81分にアルトゥロ・ビダルと交代。腹が立っていたのか、交代の直前にボールを観客席に蹴り込んでイエローカード。

今回もテル・ステーゲンに救われた:キックオフから9分、テリエの強烈なミドルシュートを左手一本で弾き、先制されるピンチを救ったテル・ステーゲン。ボールはその後、クロスバーを叩いた。守護神は6分にもAouarのシュートを横っ飛びで弾き出していた。




Olympique Lyonnais FC Barcelona
0 0
19 de Febrero 2019 – Martes 21:00 h

OL Stadium
Goles
Titular
Lopes 【7】Ter Stegen
Dubois 【6】Semedo
Marcelo 【7】Piqué
Denayer 【6】Lenglet
Mendy 【7】Jordi Alba
Mdombele 【7】Busquets
Aouar 【6】Sergi Roberto
Traoré 【6】Rakitic
Depay 【7】Messi (c)
Terrier 【6】Dembélé
Dembélé 【5】Suárez
Cambios
Traoré→ Tousart (69) Dembélé→【5】Coutinho (67)
Terrier→ Cornet (76) Sergi Roberto→【5】Arturo Vidal (81)
Ndombele→ Cheikh (84)
Entrenadores
Bruno Génésio 【5】Ernesto Valverde
Arbitro
Cüneyt Çakir (turco)
Tarjetas
Aouar (3) Sergi Roberto (80)
Dubois (33) Semedo (88)
名前の次の数字は評価点:平均点【5】
Estadisticas
1a 2a Total Total 2a 1a
0 0 0

Golesredcard

0 0 0
4 1 5 (2)

Tiros a puertaredcard

24 (5) 11 13
2 1 3

Ocasiones de Golredcard

5 3 2
2 0 2

Cornersredcard

5 2 3
0 0 0

Fueras de juegosredcard

1 1 0
246 177 423

pasesredcard

700 401 299
46% 41% Posesion del Balon 59% 54%
7 6 13

Faltasredcard

11 6 5
2 0 2

Tarjetas Amarillasredcard

2 2 0
0 0 0

Tarjetas Rojasredcard

0 0 0
Formación

アルトゥール、ラフィーニャ、シレセン、ベルマーレンが負傷欠場。
トディボ、サンペールが監督判断で招集外。ボアテング、エスキエタ、ワゲが招集後にベンチ外。
コウチーニョ、マルコム、ムリージョ、ビダル、ウンティティ(怪我明け)、アラニャー、イニャキがベンチスタート。

ほぼバルベルデの鉄板イレブン。唯一の疑問点、アルトゥール欠場の穴埋め策はセルジ・ロベルトの中盤起用だった。復帰したばかりのウンティティはベンチ。

選手交代は二人のみ。
まず67分、デンベレに替わってコウチーニョがピッチへ。
続いて81分、セルジ・ロベルトからアルトゥロ・ビダルで強度アップ。

Titular Final
先発時 終了時

スポンサーリンク
キャンペーン
バルサ用語辞典

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

トップへ戻る