マッチレポート|リーガ第38節 エイバル 2-2 バルサ

Liga Española | jornada 38

前半はまずまずだったが、後半は元気なく。
メッシは2得点でピチーチ獲得、ボタデオロもほぼ手中に収める。

エイバルとのラ・リーガ最終節は2-2で終了。コパ決勝に向けて良い感触を得たいところではあったが、負傷者も多く士気もまだ上がりきっていない、そんな印象の試合となった。ドブレーテのメッシはさすが。コパでは良いイメージを示せるか。

Embed from Getty Images

スポンサーリンク

試合のポイント

コパ決勝のテスト:勝点的にはなにも懸かっていないものの、バルサは6日後のコパ決勝(対バレンシア)に向けたテストとして臨んだエイバル戦。メッシによる得点シーン二つは見事だった一方、全体の出来は尻すぼみで、楽観的になるには物足りない内容だった。



ククレリャが先制弾:ラインを高くし、ハイテンポなフットボールを仕掛けるメンディリバルチームに対し、バルサの試合の入り方は悪くなかった。しかし先制したのはエイバル。バルセロナから貸し出し中のマルク・ククレリャがエリア内で余裕をもってボールをコントロール、鋭いシュートをニアへと蹴り込むと、ジャスペル・シレセンの脇を抜けてゴールとなっている。

メッシのダブルで逆転:バルサは10分後、リアクションを示す。決めたのはいつものようにレオ・メッシだ。消えているかのように見えても、ここぞの瞬間は一気にギアを上げ、チャンスを仕留めてしまうのが大エースの凄味。31分と32分、立て続けにネットを揺らし、あっという間にスコアをひっくり返してしまった。

ゴラッソで同点:ハイテンポな応酬の後、イプルアの観客は今季有数のゴラッソを目撃する。シレセンがPエリアを出て頭でボールを処理した時、デ・ブラシスが完璧な長距離ボレーシュートをゴールへと放り込んで2-2。これを決められては仕方なし、という見事なプレーだった。

後半はさっぱり:後半のバルセロナはさっぱりのパフォーマンスで、シュートが辛うじて3本、得点の匂いはほとんど感じられなかった。カルラス・アラニャーもこの試合では存在感を出せず、デビューとなったカルラス・ペレスも最初のプレー以外は見せ場なく。カタルーニャ人選手で決定機を手にしたのはエイバルのククレリャで、シュートを吹かしていなければ英雄になっていた可能性は高い。

トピックス

白組に19ポイント差:ラ・リーガ最終節の最大のニュースは、FCバルセロナとレアル・マドリーの勝点差が歴史上最大となる19ポイントで終了したこと・・・ なのだが、いかんせんチャンピオンズ敗退のショックから抜け出せておらず、白チームが負けようとどうでもいい。

メッシ6度目のピチーチ:バルサがイプルアで勝点を持ち帰れたのは、レオ・メッシの力による。31分にはアルトゥロ・ビダルのスルーパスを受けて裏へと抜け出し、角度のないシュートを沈めて1-1。その1分後には自陣からラキティッチのパスを受けて敵陣を独走、最後はGKドゥミトゥロビッチをバセリーナで攻略し1-2とした。
これにてラ・リーガでの得点は36となり、6度目のピチーチを獲得。これは伝説のテルモ・サラに並ぶ記録

ボタデオロもほぼ手中に:6度目となるボタデオロ(ゴールデンシュー)も濃厚。PSGのキリアン・ムバッペが24日(金)のフランスリーグ最終節で5得点すれば逆転、4得点なら36ゴールで同時受賞となる。
ムバッペ曰く「もし負けたとしても、史上最高選手の一人メッシに負けるんだ、と自分に言ってるよ。最後の試合までそう考えられるのは誇らしいこと。勝負はまだ終わってない

メッシによるバルサ選手としての1試合2ゴールは、これがなんと124回目(これとは別に、ハットトリックを34回、ポーケルを5回、レポーケルを1回)。

セメドが頭を強打:ネルソン・セメドがセルジ・エンリクとの接触で頭部を強打し、ハーフタイム中にムッサ・ワゲと交代。経過を見るためにビルバオの病院で一泊した後、異常なしと診断されてバルセロナに戻った。土曜日のコパ決勝には間に合うと見られる。

カルレス・ペレス(21)がファーストチームデビュー:背番号「43」を付け、73分にマルコムに替わって出場した。ポジションは左エストレーモ。
今季バルベルデがデビューさせたバルサB選手はこれで8人目(クエンカ、ミランダ、チュミ、コリャド、アベル・ルイス、ワゲ、リキ・プッチ)。

ククレリャがバルサ相手に活躍:SDエイバルがバルサ相手に初の勝点を獲得。イプルアでのバルサ戦初得点はラ・マシア育ちでエイバルへと期限付き移籍中のマルク・ククレリャだった。これは彼にとってプリメーラ初得点でもある。ゴール後はボールをシャツの中に入れ、近く産まれる子に捧げたクク。「バルサに得点するのは、少し奇妙な感じがするよ。チームメイトの手助けや監督の信頼のおかげで、全体としてすごく良いシーズンだった」

いつも全力ビダル:アルトゥロ・ビダルのパフォーマンスは、この試合でも並外れていた。どんな重要度の試合でも同じように全力プレーするチレーノは、このエイバル戦でもエンジン全開。プレッシングに手を抜かず、あらゆるエリアに顔を出しただけでなく、レオ・メッシの1点目をアシストする働きも見せた。ビダルのアシストはこれが今季7つめ。




SD Eibar FC Barcelona
2 2
19 de Mayo 2019 – Domingo 16:15 h
Ipurua
:5,145
Goles
Cucurella (20)  
  Messi (31)
  Messi (32)
De Blasis (45)  
Titular
Dmitrovic 【5】Cillessen
De Blasis 【5】Semedo
Paulo Oliveira 【5】Piqué
Ramis 【5】Lenglet
Cote 【6】Jordi Alba
Orellana 【5】Busquets
Escalante 【7】Arturo Vidal
Jordán 【5】Rakitic
Cucurella 【5】Sergi Roberto
Sergi Enrich 【5】Malcom
Charles 【7】Messi (c)
Cambios
Sergi Enrich→
Kike García (66)
Semedo→
【5】Wagué (46)
Ramis→
Sergio Alvarez (77)
Busquets→
【4】Aleñá (65)
Charles→
Marc Cardona (85)
Malcom→
【5】Carles Pérez (73)
Entrenadores
José Luis Mendilibar 【】Ernesto Valverde
Arbitro
Munuera Martínez (andaluz)
Tarjetas
Ramis (33) Semedo (42)
De Blasis (44) Jordi Alba (83)
Cote (80)  
Escalante (83)  
名前の次の数字は評価点:平均点【5】
Estadisticas
1a 2a Total Total 2a 1a
2 0 2

Golesredcard

2 0 2
9 9 18 (8)

Tiros a puertaredcard

8 (3) 3 5
3 2 5

Ocasiones de Golredcard

3 0 3
2 3 5

Cornersredcard

2 1 1
0 0 0

Fueras de juegosredcard

6 1 5
    393

pasesredcard

637    
41%   39% Posesion del Balon 61%   59%
7 10 17

Faltasredcard

5 5 0
2 2 4

Tarjetas Amarillasredcard

2 1 1
0 0 0

Tarjetas Rojasredcard

0 0 0
Formación

テル・ステーゲン、コウチーニョ、アルトゥール、スアレス、デンベレ、ラフィーニャ、ボアテングが負傷欠場。
ムリージョ、ベルマーレンが監督判断で招集外。
イニャキ、アラニャー、ウンティティ、プッチ、アベル・ルイス、ワゲ、カルラス・ペレスがベンチスタート。

1週間後のコパ決勝を意識した先発イレブン。攻撃陣に負傷者が多いので、選択肢はあまりない。
セルジ・ロベルトは偽エストレーモで、右からの攻撃は少なめ。
アルトゥロ・ビダルは相変わらずどこにでも顔を出している。

セメドが負傷し、ハーフタームでワゲと交代。
2人目はブスケツに替えてアラニャーで、ラキティッチがピボーテに移動。
3人目はマルコムからカルラス・ペレス(トップデビュー)。

Titular Final
先発時 終了時
 

2019年5月20日(月)、SDエイバル戦翌日のバルセロナスポーツ紙。

MD「歴史的」

  • 歴史的
  • バルサがマドリーに対し、最大リードとなる19ポイント差をつけてラ・リーガを終了
  • → メッシが伝説のテルモ・サラと並ぶ6度目のピチーチを獲得(36ゴール)
  • → イプルアでドブレーテのレオ、ボタデオロ競争でムバッペを4得点のリード
  • レアル・マドリー 0-2 ベティス
    ベルナベウの野次に包まれシーズンに別れ

SPORT「歴史的+19」

  • 歴史的+19
  • → マドリーに対して記録となる勝点差をつけ、バルサがラ・リーガを終了
  • → エイバルのスタジアムでメッシがドブレーテを達成し、ボタデオロ競争でムバッペに4ゴール差をつける

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました