「壊れたくない」メッシの怪我は予想より軽かったものの

バルサ医療部は内転筋の肉離れと発表
大きな怪我ではなかったのは朗報だが、かつてなく筋肉トラブルが連続しているのが心配

注目されたレオ・メッシの怪我の具合がクラブにより発表されました。医療サービス部の検査報告によると、バルサの10番を今回襲ったのは「左脚・内転筋のストレイン損傷」。いわゆる肉離れです。小さな損傷は起こしているのですが、断裂のような重傷ではない。復帰時期は回復次第だと発表されています。

スポンサーリンク

"No me puedo romper, no me puedo romper"

レオ・メッシはラ・リーガ第6節 ビジャレアル戦の前半29分頃、自ら歩いてピッチサイドへと出ました。そしてクラブの理学療法士ジョルディ・メサリェスさんの治療を受けたのですが・・・

テレビ番組 ‘El Golazo de Gol’ の分析によると、この時メッシは「No me puedo romper, no me puedo romper」と言っていたそうです。スペインテレビ名物、読唇術。「壊れるわけにいかない」という感じです。
SPORTは「No me quiero romper」(壊れたくない)だと書いていますが、いずれにせよメッシとしてはかなりイヤな感触だったらしい。彼はその後、一度ピッチに戻ってしばらくプレーをし、ハーフタイムでウスマン・デンベレと交代しています。

試合終了後のエルネスト・バルベルデはレオの状態について「小さな痛みが生じていたので、大事を取って交代させた」と説明していました。

ヘタフェ戦、インテル戦は欠場となりそう

軽度の肉離れであれば、1週間ほどで試合に復帰できるようです。
2週間くらいの欠場は覚悟していたので、それからすれば朗報。
つまりは最速の場合、来週水曜に行われるチャンピオンズ第2節 インテル戦(@カンプノウ)には間に合うことになります。

しかしシーズンはまだ序盤で無理をする必要はないですから、いつもの“リスクゼロ方針”に従えば、もう少し先が目標になる。10月6日のラ・リーガ第8節 セビージャ戦(@カンプノウ)か、もう少し延ばしてFIFAウィーク明けの10月19日 第9節エイバル戦(@イプルア)じゃないでしょうか。

前例のない、開幕前から連続する筋肉トラブル

それにしても、あのレオ・メッシにこれほど怪我が相次ぐのはどうしたことでしょうか。

9月26日のSPORT紙によれば、シーズン初めにメッシのフィジカル問題が続発するのはキャリア初ルイス・エンリケ時代の2015/16シーズンには第6節で左ヒザの内側靱帯を、2016/17には第5節で右腿の内転筋を負傷していますが、シーズン開幕から試合に出られない状況が続くのは前例がありません。

2019年のメッシはまず、夏休みから戻ってきた最初のトレーニング(8月5日)で右ふくらはぎを傷めてしまった。ここからして“異常”です。
8月25日の第2節ベティス戦で復帰かと見られていましたが、どうやら違和感が再発し延期、というのもらしくないし、9月17日のドルトムント戦で復帰したかと思えば、21日のビジャレアル戦で別の筋肉にトラブルが発生してしまう・・・

レオ・メッシなので不摂生などは考えられず、勤続疲労と年齢によるものなのか、どこかの呪術師が暗躍しているからなのか、本当に一体なんなのでしょうか。
不運はもうこれで出尽くしたのであってほしいですが、さて。。

このニュースのまとめ

  • ・レオ・メッシがビジャレアル戦で負ったのは内転筋の肉離れ
  • ・最速だと1週間で戻れるかもしれないが、急がないと予想される
  • ・シーズン最初にこれほど怪我が続くメッシは初めて

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました