2018-09

トップチーム

3週間で7試合:シーズン最初の連戦スタート

バルベルデバルサがいよいよ、シーズン最初の勝負所へと突入していきます。待ち受けるのは、3週間で7試合をプレーするタフな日程。アノエタやメスタージャ訪問、チャンピオンズの2試合も含まれる重要な23日間です。
トップチーム

バルサとジローナが 試合のマイアミ開催を連盟に要請と

FCバルセロナとジローナ、それにラ・リーガがスペインフットボール連盟(RFEF)に対し、第21節の対戦をアメリカ合衆国マイアミで開催する許可をくれ、と公式に要請しました。次の手続きとして何が必要なのか、そしてRFEFの立場は。カギとなるのはルビアレス会長の判断です。
スポーツ紙

2018年9月12日(水)のバルセロナスポーツ紙:新生スペインのゴール祭り

2018年9月12日(水)のバルセロナスポーツ紙は、クロアチア戦に6-0の圧勝をしたルーチョスペインが主役。バルサとジローナが連盟にマイアミでの試合開催を求めた件も大きな話題の一つです。
スポンサーリンク
トップチーム

新たなる契約モデル:南米若手の転売ビジネス

この2日間ほど、SPORT紙が大きく扱っているのがルーカス・パケタ(21)です。またもや登場、南米の若手選手のウワサ。どうやらバルサさん、あちらで宝石の原石を獲り、それを高く売るビジネスを新しい柱にする...
スポーツ紙

2018年9月11日(火)のバルセロナスポーツ紙:ルーチョスペインの地元初戦

2018年9月11日(火)のバルセロナスポーツ紙は、クロアチア戦で地元デビューするルーチョ・スペインが主役。モドリッチを称えつつメッシがベストだとする彼のコメントが大きく取り上げられています。
選手ニュース

アレニャー復帰:トップチーム入りは順延、まずはバルサBでリズムを得ること

カルラス・アレニャー(20)がピッチに戻ってきました。昨シーズン最後の大怪我から約3ヶ月。昨日のサバデイ対バルサB(0-1)にて30分間のプレーし、試合終了後には「すごく良い感覚を得られた。今は楽しみたい」と喜びを表しています。
スポーツ紙

2018年9月10日(月)のバルセロナスポーツ紙:左SBとブラジルの新星

2018年9月10日(月)のバルセロナスポーツ紙は、MDが左サイドバック問題を、SPORTはバルサがブラジルの新星に興味を持っているらしい件をトップ記事に。また南米の若手・・・。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました