2019-07

クラブ全般

2018/19シーズンの選手売却収入、2億ユーロ超え

FCバルセロナは数年前まで、売るのが下手なクラブとして知られてきました。それが少しずつ改善されていき、先日終了した 2018/19シーズンはなんと、14選手を売った収入が 2億ユーロ(約240億円)を超えるという変わりよう・・・
スポーツ紙

2019年7月03日(水)のバルセロナスポーツ紙:ネイマール復帰へのトレード作戦

2019年7月03日(水)のバルセロナスポーツ紙は、再びネイマール復帰作戦がトップニュース。お金+主力選手とのトレードになる気配が濃厚となっています。
スポーツ紙

2019年7月02日(火)のバルセロナスポーツ紙: グリースマンOKOK

2019年7月02日(火)のバルセロナスポーツ紙は、引き続きグリースマン獲得がトップニュース。もう止まらないといった様子です。コパアメリカのブラジル対アルゼンチンも注目を集めています。
移籍話

グリースマンのバルサ移籍 “解禁日”

さて今日から7月となり、欧州フットボールでは新年度の始まりです。バルサ関連での一番のニュースは、なんといっても、アントワン・グリースマンの契約解除金が今日から1億2,000万ユーロへと減額されること。順当に事が運べば、バルサは近々彼の入団を発表すると見られています。
スポーツ紙

2019年7月01日(月)のバルセロナスポーツ紙:グリースマンの日

2019年7月01日(月)のバルセロナスポーツ紙は、7月に入っていよいよ稼働するグリースマン作戦と、U-21スペインのEURO優勝が二大ニュース。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました