2019-10-18

トップチーム

エル・クラシコは12月へ延期、政治で動かされるフットボール

エル・クラシコは12月へと延期されることになりました。10月26日はバルセロナで大きな抗議デモが呼びかけられており、安全上の問題があると競技委員会が見たからです。ただし開催日はまだ確定しておらず、7日(土)案と18日(水)案がぶつかり合っている。ここでも連盟とリーガの意見が衝突しています。
トップチーム

バルサ一行、異例となる前々日の遠征出発。ビトリアで連泊しエイバル戦に備える

カタルーニャの緊迫した政治状況がFCバルセロナに影響を及ぼしています。今月26日に予定されていたエル・クラシコが12月に延期された件がそうですし、今週土曜のエイバル戦のためにバルサ一行が木曜日からビトリア入りしたのもそう。バルサはバスクで二泊することになります。
スポーツ紙

2019年10月18日(金)のバルセロナスポーツ紙:エル・クラシコ延期へ

2019年10月18日(金)のバルセロナスポーツ紙は、今月26日のカンプノウクラシコが12月へと延期になる件がトップニュース。バルサバスケ部もカタルーニャ情勢の影響を受けています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました