2019-10-21

トップチーム

クーマンを呼ぶための期日は3月、ということは

ウェンブリーの英雄、ロナルド・クーマンには“バルサからのオファーに限り、EURO2020後にオランダ代表監督を去ることができる”契約条項がある。オランダフットボール連盟 (KNVB) のスポーツディレクターさんがそう明かしています。 しかしその条項を発動するためには
バルサB

“狩られる” リキ・プッチの怪我をバルサは恐れる

リキ・プッチの将来に関する議論がFCバルセロナ内でなされているそうです。議論がここ最近になって再燃している背景にあるのは、セグンダBのラフさ。繰り返される激しいタックルからリキを守るため、バルサは彼を別のチームでプレーさせることを望んでいます。
スポーツ紙

2019年10月21日(月)のバルセロナスポーツ紙:クーマンとMSGトリデンテ

2019年10月21日(月)のバルセロナスポーツ紙は、MDがバルサの次期監督候補クーマンの契約条項、SPORTはMSGトリデンテがトップ記事です。週末の余韻漂う月曜日。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました