2019-10-09

トップチーム

バルサ若返り計画の面々が楽しみでならない

FCバルセロナが数年前から抱えている、スカッドの“高齢化”問題。ペップ~ルーチョ時代からチームを支える選手たち(メッシ、スアレス、ピケ、ブスケツ、ラキティッチ、アルバ)が軒並み三十路倶楽部に入会したことで、スムーズに若返りを進めることが強化技術部には求められています。
スポーツ紙

2019年10月09日(水)のバルセロナスポーツ紙:将来計画とグリーズマン

2019年10月09日(水)のバルセロナスポーツ紙は、MDがバルサの若返り計画を、SPORTがバルサ全体でのグリーズマンへのサポート体制を特集しています。エスパニョール新監督マチンの入団会見も大きな話題。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました