トップチーム

トップチーム

セントラルが一人欲しい、しかし1月のミナ獲りにバルベルデは乗らない

エルネスト・バルベルデは冬のマーケットでセントラルの補強を望んでいる、といわれています。その有力候補はパルメイラスのコロンビア代表 イェリー・ミナ(22)と考えられてきましたが、どうやらチングリさんはこの選択肢にあまり心を動かされてないそうで...
トップチーム

冬マーケットの優先は、スカッドを軽くすること

リーガ8試合、チャンピオンズ3試合の合計11試合を終え、バルベルデバルサの輪郭が徐々に固まってきました。戦力外となる選手も見えてきましたので、この冬にクラブがまず為べきことは、これら出番のない選手たちの“整理”です。
トップチーム

オリンピアコス戦はローテーションなしで

意図の分かる采配や戦術によって、見ていて楽しいとの評価を得ているバルベルデバルサですが、アスルグラナ号の新船長はわりと現実的です。結果が出ていてこそ仕事がやり易くなる、との理由により
スポンサーリンク
トップチーム

ムンディアル予選で搾り取られた選手たち、南米組は特に消耗が気になる

このFIFAウィークは、ムンディアル(W杯)出場の可否が懸かった決戦だらけだったため、緊張度の高い試合をプレーしたバルサ選手たちの疲労度は大きくなっています。
クラブ全般

無観客でもラス・パルマス戦を行った経緯

先月9月24日に還暦を迎えたカンプノウに、新たな逸話が加わりました。とはいっても明るい内容ではなく、街では多数の血も流れているだけに、忌々しい出来事として後生に語られていくであろう事件。民主主義と表現の自由を阻もうとする中央政府への抗議するため、FCバルセロナがラス・パルマス戦を無観客で行うと決めた一件です
トップチーム

エイバル戦はローテーション

18日(月)のトレーニング終了後、エルネスト・バルベルデの発表したエイバル戦招集リストには、ちょっとしたサプライズがありました。スーペルコパからずっと先発フル出場を続けていたサムエル・ウンティティが休みとなり、代わりにトーマス・ベルマーレン、アレイシ・ビダル、ルカス・ディニェら最近招集外だった選手たちが選ばれたのです
トップチーム

デンベレが離脱でも、デウロとデニスがいる

ウスマン・デンベレの不運な重傷はチームにとって痛手ですが、それは現状がどうこうよりも、数ヶ月後のチーム競争力の面での痛手ということができます。デンベレはまだバルサデビューを飾ったばかりで、チームの計算できる戦力となるにはまだ時間のかかる状況..
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました