前日会見

前日会見

セティエン「補強が必要なのは明らか」:ベティス戦前日会見

FCバルセロナ監督キケ・セティエンがベティス戦の前日会見にて、ウスマン・デンベレの穴を埋めるための選手補強について訊ねられ、「誰か一人欲しい」との見解を再び示しています。カルラス・ペレスを出しておいて、人が足りないとか、なにやってんですかね。
マッチプレビュー

「物事は予想していたよりも簡単に行っている」チームが良い方向に進んでいるとセティエンは確信する

さて、コパ1/8 final です。カンプノウにレガネスを迎えての戦いで、今回もまた一試合で勝敗が決まる。つまりはコパでの生き残りを賭けた、バルサにとって重要な一戦です。逆にレガネスは残留争い中(19位)のラ・リーガが優先で、コパは当たって砕けろでしょう。イビサ戦と同じく、負けて失うものが多いのはバルサ。
前日会見

バルベルデ「私に選べるなら、前のスーペルコパが良い」

サウジアラビアで1月に、4チームの参加で行われるようになったスーペルコパ・デ・エスパーニャ。リーガ王者 vs コパ王者の対決だったところ、興行優先によってファイナルフォー方式を採用したことでよく分からない大会となっていますが、前日会見のエルネスト・バルベルデも新フォーマットに苦言を呈しています。
スポンサーリンク
マッチプレビュー

勝負のドルトムント戦:勝てばグループ首位確定、勝てないと・・・

FCバルセロナは今夜、カンプノウにボルシア・ドルトムントを迎えてのチャンピオンズ第5節に臨みます。ここで勝つことの褒美は大きく、1/8 final へと進めるだけでなくグループFの首位も確定できる。引き分け以下の場合は逆に敗退の可能性も出てくるので、是が非でも勝って楽になっておきたい勝負の一戦です。でもしかし。
前日会見

試合に集中すべきとバルベルデ「全員が同じ道を向かわなければ」

さて、インテル・デ・ミランをカンプノウに迎えてのチャンピオンズ第2節です。F組の今後を左右する重要な一戦。バルセロニズモはこの対戦に完全集中・・・ かというとそうでもなく、ジェラール・ピケの発言を巡りロッカールームと理事会の緊張関係が議論されている、ざわざわした雰囲気です。そういうクラブなので、大事な試合の前には集中しようとメッセージを発しなければならない。今回はエルネスト・バルベルデがその役割を担っています。
前日会見

バルベルデ「ドルトムント戦は私たちを試す試金石」「アンフィールドは過去。明日未来が始まる」

FCバルセロナのチャンピオンズ2019/20が開幕します。その舞台となるのは、応援がとにかく熱いボルシア・ドルトムントの本拠地シグナル・イドゥナ・パルク。どれくらい熱いのかと調べたところ、本当に熱くてシビれるスタジアムです。エルネスト・バルベルデは前日会見にて、イドゥナ・パルクでのボルシア・ドルトムント戦は自分たちを試す試金石だと語っています。
前日会見

バルベルデ「私たちがするべきは、攻めること」:リバポー戦前日会見

エルネスト・バルベルデは言いました。「試合のコントロールを重視するか?私たちがしなければならないのは攻撃であって、コントロールじゃないさ。私に一切の迷いはない」。カンプノウで手にした3-0を守りに行こうとすると泣きを見る。だからアンフィールドでは攻めることによって勝ちを狙うのみ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました