前日会見

マッチプレビュー

勝負のドルトムント戦:勝てばグループ首位確定、勝てないと・・・

FCバルセロナは今夜、カンプノウにボルシア・ドルトムントを迎えてのチャンピオンズ第5節に臨みます。ここで勝つことの褒美は大きく、1/8 final へと進めるだけでなくグループFの首位も確定できる。引き分け以下の場合は逆に敗退の可能性も出てくるので、是が非でも勝って楽になっておきたい勝負の一戦です。でもしかし。
前日会見

試合に集中すべきとバルベルデ「全員が同じ道を向かわなければ」

さて、インテル・デ・ミランをカンプノウに迎えてのチャンピオンズ第2節です。F組の今後を左右する重要な一戦。バルセロニズモはこの対戦に完全集中・・・ かというとそうでもなく、ジェラール・ピケの発言を巡りロッカールームと理事会の緊張関係が議論されている、ざわざわした雰囲気です。そういうクラブなので、大事な試合の前には集中しようとメッセージを発しなければならない。今回はエルネスト・バルベルデがその役割を担っています。
前日会見

バルベルデ「ドルトムント戦は私たちを試す試金石」「アンフィールドは過去。明日未来が始まる」

FCバルセロナのチャンピオンズ2019/20が開幕します。その舞台となるのは、応援がとにかく熱いボルシア・ドルトムントの本拠地シグナル・イドゥナ・パルク。どれくらい熱いのかと調べたところ、本当に熱くてシビれるスタジアムです。エルネスト・バルベルデは前日会見にて、イドゥナ・パルクでのボルシア・ドルトムント戦は自分たちを試す試金石だと語っています。
スポンサーリンク
前日会見

バルベルデ「私たちがするべきは、攻めること」:リバポー戦前日会見

エルネスト・バルベルデは言いました。「試合のコントロールを重視するか?私たちがしなければならないのは攻撃であって、コントロールじゃないさ。私に一切の迷いはない」。カンプノウで手にした3-0を守りに行こうとすると泣きを見る。だからアンフィールドでは攻めることによって勝ちを狙うのみ...
マッチプレビュー

果報は、勝って待つ:目標は今週中にリーガ優勝

「できるだけ早く、リーガ優勝を決めたい」。先週末のレアル・ソシエダ戦終了後、複数の選手たちがそう述べていました。昨日のアラベス戦前日会見におけるエルネスト・バルベルデもそう。リバポーとのチャンピオンズ決戦前に、ラ・リーガのタイトルを手にすることがチームの共通認識です。
前日会見

アルトゥール:人柄と賢さが垣間見えるリヨン戦前日会見

バルサがチャンピオンズ生き残りを懸けてプレーするリヨンとの1/8 final ブエルタ(第二戦)の前日会見に、バルサ選手代表として登場したのがアルトゥール・メロでした。
前日会見

バルベルデ「この非常に重要なアトレティコ戦、私たちは勝利を必要としている」

ワンダ・メトロポリターノでのアトレティコ・マドリー対FCバルセロナです。勝点24で首位のバルサと3位アトレティコの勝点差は「1」しかなく、2位セビージャと4位アラベスもまた勝点23で並んでいる混戦模様。そのため、前日会見のバルベルデも「勝たねばならない」と気合モードになっています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました