スポンサーリンク

2020年7月31日(金)のバルセロナスポーツ紙:DF補強とアンスの契約更新

2020年7月31日(金)のバルセロナスポーツ紙は、バルサのDF補強とアンス・ファティの契約更新が主な話題。自治政府のお墨付きでナポリ戦がカンプノウ開催で落ち着きそうな件も大きく。

ユベントス戦目前

MD 「射程圏内」

  • 射程圏内ダビ・アラバ(左ラテラル、バイエルン、28歳)・ジュアン・ベルナ(左ラテラル、PSG、27歳)・エリック・ガルシア(セントラル、シティ、19歳)
  • → アラバ、ベルナそしてエリック・ガルシアらは2021年に契約が終わり、バルサは守備ラインを補強するべく注意を払う
  • → もしマーケットが許すならば、彼らは早くやって来るかもしれない
  • 見出し2
  • その他の見出し
  • 保健局がUEFAに対しバルサ対ナポリのカンプノウ開催を保証
  • レアル・マドリー
    マンチェスター戦に向けてのジダンの迷い
  • 違反したクラブへの非難
    “フエンラ・ケース”の指導者(?)がエルチェのプレーオフ行きを提案
  • 決勝/PSG対リヨン 21時10分
    リーグカップでフランス4冠を狙うネイマール

SPORT「アンスのための会議」

  • アンスのための会議
  • → バルサは近日中に選手代理人と話し合いを行うだろう。そこで2024年までの契約更新を実行することを伝える
  • → カンテラーノはトップチームの背番号を手にし、今夏の他クラブからのオファーを避けるために契約解除金は倍増されることに
  • デンベレへのオファーを聞く方向
  • 見出し2
  • バルサ対ナポリはカンプノウで開催へ
    ナポリはCOVID-19を理由に会場変更を強いようとするが、カタルーニャ政府が保健上の保証を与える
  • その他の見出し
  • バルサ/実現困難なオペレーション
    アラバが再びバルサへと売り込む
  • バルサ/クエンカが負傷
    ラングレが回復し、チャンピオンズ出場を目指す
  • ■コロナウイルス
    セビージャ、サラゴサ、そしてアルメリアに新たな感染者は出ず

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました