アルダ

移籍話

アルダ・トゥラン、移籍先探しの問題は「高額年俸」

バルセロナ系スポーツ紙は今日も、コウチーニョだ、アルトゥールだといった補強の話題で賑わっています。しかし繰り返し言われているように、入れるためには出さねばならない。これ、世の真理。バルサで放出候補とされている筆頭選手がアルダ・トゥランですが、移籍先探しは引き続き難航...
トップチーム

放出オペレーション:3選手に移籍を提案とか

FCバルセロナがスカッド軽量化作戦を進めているようです。現在、バルサのトップチームには24選手が所属していますが、監督に戦力として計算されてないであろう選手が何人かいる。バルベルデはスカッドを軽くすることを望んでいて...
選手ニュース

アルダとアレイシが違和感で練習欠席って!

メディアが報じるところによると、違和感を理由にこの日曜日のトレーニングを欠席した選手が二人いて、それがアルダ・トゥランとアレイシ・ビダルだというからなんだかなぁ、と落胆します。
スポンサーリンク
トップチーム

冬マーケットの優先は、スカッドを軽くすること

リーガ8試合、チャンピオンズ3試合の合計11試合を終え、バルベルデバルサの輪郭が徐々に固まってきました。戦力外となる選手も見えてきましたので、この冬にクラブがまず為べきことは、これら出番のない選手たちの“整理”です。
選手ニュース

アルダ・トゥランの過ち(もしくは思い違い)

10月19日付のSPORTウェブに、「アルダ・トゥランの大きな過ち」なる記事がありました。アスルグラナのトルコ代表が犯したエラー、それは同紙によると、夏に中国から届いていた巨額オファーを断ってしまった、というもの
選手ニュース

アルダ・トゥラン「バルサで幸せ」

この夏のFCバルセロナのマーケット活動で、特に改善すべきだと示されたのが監督から構想外となった(らしい)選手たちの放出オペレーションです。ドグラス、ムニールは終盤に貸出先が見つかりましたが、ガラタサライ行きかと見られたアルダ・トゥランは結局残留
移籍話

どうなる?放出オペレーション

昨日8月31日をもって移籍マーケットが終了となったイングランド、ドイツ、フランスなどに続き、スペインでも今日9月1日に選手移籍が締め切られます。渦中のフィリッペ・コウチーニョが奇跡的なバルサ移籍となるのか、それはそれで気になるのですが、その可否にかかわらずどうにかせねばならないのが
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました