カンテラ

選手ニュース

カルラス・ペレスはあと30分で一軍契約

今週末のレガネス戦は、カルラス・ペレスにとって大きな意味をもつ試合になるかもしれません。というのも彼の契約書には「公式戦7試合に出場すればファーストチーム選手になる」との条項があり、その条件クリアまであと30分なのだと。
クラブ全般

クライフェルト「若者たちはここで成功できる。それを教えないとね」

今季からFCバルセロナのカンテラ部門で責任者を務めているのは、バンガール時代から暗黒時代にかけてバルセロニスタを楽しませてくれたパトリック・クライフェルト (43) です。超高難度シュートを決めるわりに、簡単な好機は外す面白いデランテロでした。
選手ニュース

バルベルデに呼ばれないことへのリキ・プッチの不満と、気を揉むクラブ

先週末のバルサBとアンドラの試合終了後、リキ・プッチが移籍への扉をちょっと開く発言をしました。これまでは可能性をほのめかすこともしていなかったので、なにかが変化したと取れる。しかしこれはタイミングとして悪く、リキにとって逆風になるかもしれないとクラブのスポーツ部門は考えているそうです。
スポンサーリンク
クラブ全般

ラ・マシア40周年にバルトメウ「ラ・マシアはバルサの生き残りを保証するものだ」

昨日11月6日(水)、クラブ施設シウタット・エスポルティーバ・ジョアン・ガンペルにて、FCバルセロナが世界に誇るラ・マシアのプレゼンテーション式典が催されました。創設40周年の今年はスペシャル。そこで挨拶のスピーチしたジュゼップ・マリア・バルトメウ会長は育成部門640人の少年少女たちを前に、誇らしい様子で次のように語っています。
選手ニュース

イニエスタの後継候補ペドリ「家族全員バルセロニスタ。子どもの頃の夢が叶って超ハッピーだよ」

ブラジルで開催中のU-17ムンディアルに参戦中のスペイン代表メンバーに、バルサが夏に獲得したペドロ・ゴンサレス・ロペスという選手がいます。通称ペドリ、2002年11月生まれの16歳。将来ラ・ロハの中心的存在になることを期待される逸材です。
バルサB

“狩られる” リキ・プッチの怪我をバルサは恐れる

リキ・プッチの将来に関する議論がFCバルセロナ内でなされているそうです。議論がここ最近になって再燃している背景にあるのは、セグンダBのラフさ。繰り返される激しいタックルからリキを守るため、バルサは彼を別のチームでプレーさせることを望んでいます。
トップチーム

バルサ若返り計画の面々が楽しみでならない

FCバルセロナが数年前から抱えている、スカッドの“高齢化”問題。ペップ~ルーチョ時代からチームを支える選手たち(メッシ、スアレス、ピケ、ブスケツ、ラキティッチ、アルバ)が軒並み三十路倶楽部に入会したことで、スムーズに若返りを進めることが強化技術部には求められています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました