カンテラ

トップチーム

ワゲが合流:トップチーム登録まであと一歩。そしてカルラス・ペレスとアベル・ルイスは

セネガル代表としてコパ・アフリカ(準優勝)を終えたばかりのムッサ・ワゲが、夏休みもそこそこに、バルセロナへと戻ってきました。バルベルデチームでのプレシーズンを始めるためです。
トップチーム

日本ツアー2019の収穫:新戦力の適応、カルラス・ペレス etc

プレシーズンの大きなお楽しみが、新戦力やカンテラーノたちの新鮮なプレーです。その点でこの日本ツアーは収穫があった。新加入のグリーズマンとデ・ヨングはどちらも活躍が見込めそうなパフォーマンスを示し、カルラス・ペレスやリキ・プッチらカンテラーノの輝きもあったことで...
クラブ全般

クライフェルト、カンテラの最高責任者になるの巻

パトリック・クライフェルト Patrick Kluivert(クライファート)を育成部門の新ディレクターに指名した、とFCバルセロナが公式発表をしました。 契約期間は、2021年6月末までの2年。バルサが最近進めている、ラ・マシア改革のひとつです。
スポンサーリンク
バルサB

期待株チャビ・シモンズがPSGへ・・・ クラブは慰留に努めたが、無理はせず

チャビ・シモンズ(16)がバルサ時代に終止符を打ち、パリでの新生活を始める決断を下しました。契約更新が難航しているとは言われていましたが、よりにもよってPSG行きを決めるとは残念。それも好条件を提示したバルサよりもパリが良かったのなら、そこまでのご縁だったのでしょう。
クラブ全般

ラ・マシア再建へ:コーチたちもアカデミーから・・・ そしてセグラがついに!?

FCバルセロナによる、ラ・マシア再築の動きが進んでいます。バルサがバルサらしさを失っている、と言われる近年。クラブ幹部たちも当然それは気付いておりまして、ここ数日はカンテラ人事のニュースが盛んに流れているところです。
クラブ全般

トレーニングメソッド立案者セイルーロが現場復帰:育成部門の再築進む

FCバルセロナが育成部門フットボル・バセの再構築を進めています。そのひとつが、育成メソッドの責任者としてのパコ・セイルーロ(73)の現場復帰。トレーニングメソッドの権威としてその名を知られる彼が、育成部門へ加入することになったのです。
トップチーム

ククレリャ方式 という カンテラーノ育成方法・・・

昔むかし、バロンデオロ最終候補の3人席をすべてカンテラーノで独占してしまったクラブがあったんじゃ。ラ・マシアの名がフットボール界にとどろき、カンテラーノがそのクラブの代名詞にもなった。しかしそのクラブもいつしか、自分たちで若手選手を育てられんようになっての...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました