ノリート

バルサニュース

第4のデランテロは、やはりノリートか

マルク・バルトラがドルトムントに去り、補強が待ったなしとなっているセントラルほどではないですが、南米トリデンテを補完する第4のデランテロ獲得もまた、FCバルセロナのこの夏の優先補強ポイントです。こちらはマーケットにこれだ!という選手が出ておらず、最近は再びセルタのノリートが有力候補となって浮上中。ルイス・エンリケが求める選手でなければ起用されずに終了ですから、こだわりのノリートが結局はベストのように思えます。昨日はジェラール・ピケがこのオペレーションを援護射撃です。
バルサニュース

ノリートは夏に来る

先週土曜20日のSPORT紙の表紙を飾ったのは、この冬のマーケットでのバルサ移籍成るかが注目されたノリートでした。見出し文句は“ようやくノリート、ようやく”(POR FIN NOLITO POR FIN)。ルイス・エンリケはこのノリートを非常に高く評価していて、彼の獲得は宿願となっていますから、もし本当にバルサに来るとなれば“やっと(POR FIN)”であります。
バルサニュース

ノリートは来ない

FCバルセロナがこの冬のレンタル移籍を目指していたマヌエル・アグード、通称ノリートは最終的にビーゴに残ることになりました。ルイス・エンリケが熱望するノリートをレンタルで獲得すべく、セルタへと最終オファーを出していたバルサでしたが、その内容はカルロス・モウリニョ会長を納得させるには至らず、交渉は昨日の午後をもって決裂。この冬のマーケットでのノリートのバルサ入団はなくなり、ルーチョチームは現有戦力のままシーズン最後までいくことになったのでした。ムニールの更なる成長に期待です。
バルサニュース

ノリート交渉、前進中?

トリデンテを補完する“第4のデランテロ”獲得を目指しているFCバルセロナにとって、ノリート加入を強く求めているとされるルイス・エンリケの希望を満たせるかどうかは、これからの数日間に懸かっています。ルーチョがセルタのエストレーモにこだわっている件は秋口より伝えられていましたし、約2週間前には交渉は大きく前進したとも報じられたノリートでしたが、それからはこれといった進展はないようで。29日(金)に閉じるらしい冬のマーケット期間内にオペレーションを完了できるよう、これから交渉は最終ストレートに入っていきます。
バルサニュース

あと1週間でノリート獲得なるか

ノリートとデニス・スアレス。ルイス・エンリケが獲得を熱望しているとされる二人を、FCバルセロナがこの冬に獲得するための期限があと1週間と少々になりました。先週には、彼らのバルサ入団はもう目前とのニュースがメディアに流れましたが、続報を待てどもそれから主だった動きは特になし。話し合いは継続的に行われているものの、セルタやビジャレアルがレンタルでの放出を望んでいないことから、交渉はどうやらこう着状態のようです。
バルサニュース

ノリートが欲しいので…

バルセロニスタがたくさんの幸せに包まれた2015年が終わり、再び希望と喜びに満ちた一年になってほしい、そんな2016年の幕が上がりました。この年末年始は試合がぎゅっと詰め込まれており、新春2日には早速エスパニョールとのデルビー・バルセロネス。それが終わればいよいよ新選手の登録が可能となり、6日(水)にはアルダ・トゥランならびにアレイシ・ビダルが公式戦デビューとなるでしょう。ルイス・エンリケはまた、最近の記者会見にて更なる新加入選手の獲得を示唆しており、バルサ系メディアはノリート、デニス・スアレスの入団があるのか、と盛り上がっているこの数日間です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました