バルベルデ

トップチーム

クーマンを呼ぶための期日は3月、ということは

ウェンブリーの英雄、ロナルド・クーマンには“バルサからのオファーに限り、EURO2020後にオランダ代表監督を去ることができる”契約条項がある。オランダフットボール連盟 (KNVB) のスポーツディレクターさんがそう明かしています。 しかしその条項を発動するためには
前日会見

試合に集中すべきとバルベルデ「全員が同じ道を向かわなければ」

さて、インテル・デ・ミランをカンプノウに迎えてのチャンピオンズ第2節です。F組の今後を左右する重要な一戦。バルセロニズモはこの対戦に完全集中・・・ かというとそうでもなく、ジェラール・ピケの発言を巡りロッカールームと理事会の緊張関係が議論されている、ざわざわした雰囲気です。そういうクラブなので、大事な試合の前には集中しようとメッセージを発しなければならない。今回はエルネスト・バルベルデがその役割を担っています。
トップチーム

スアレスOUT、ファティIN に感じた可能性

FCバルセロナはなんともう12試合も、連勝がないんだそうです。その理由は明白で、アウェイで勝てないんだから連勝は難しい。フットボールは基本的に、地元/敵地の繰り返しですから。この流れを断ち切るためのカギのひとつは、スアレスをファティと交代させたビジャレアル戦の采配にあるんじゃないか。そんな光をあの後の12分間で感じました。
スポンサーリンク
マッチプレビュー

クライシスの気配を消したい・・・ リアクションが求められるビジャレアル戦

FCバルセロナは今宵、カンプノウにビジャレアルを迎えてのラ・リーガ第6節をプレーします。カタルーニャの守護聖人を祝うラ・マルセー祭りを締める夜ですし、3日前のグラナダ戦で完敗し8位に停滞する状況だけに、良いイメージを残す勝利が義務づけられた試合です。9月末にして切迫感のあるバルサなんて、いつ以来でしょう。
ポストマッチ

バルベルデ「責任を感じている」

バルサがアウェイ戦で勝てません。サンマメスで敗れ(1-0)、エル・サダルで引き分け(2-2)、今回のヌエボ・ロス・カルメネスでは早くも今季2敗目(2-0)。ただスコアで負けただけでなく、内容でもグラナダに完敗だっただけに、バルベルデも「今日の私たちは勝ちに相応しくなかった」と認めています。そしてその責任は自分にあると。
前日会見

バルベルデ「ドルトムント戦は私たちを試す試金石」「アンフィールドは過去。明日未来が始まる」

FCバルセロナのチャンピオンズ2019/20が開幕します。その舞台となるのは、応援がとにかく熱いボルシア・ドルトムントの本拠地シグナル・イドゥナ・パルク。どれくらい熱いのかと調べたところ、本当に熱くてシビれるスタジアムです。エルネスト・バルベルデは前日会見にて、イドゥナ・パルクでのボルシア・ドルトムント戦は自分たちを試す試金石だと語っています。
トップチーム

FIFAウィーク明けのバルサが抱える疑問点4つほど

夏のマーケットが終わり、9月のFIFAウィーク以降バルセロナの状況はいくつか変化します。その最大のものがレオ・メッシとルイス・スアレスの戦列復帰ですが、これまでのラ・リーガ3試合を見て気になることはその他にも幾つかあるので、挙げてみましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました