バルベルデ

トップチーム

残念なるバルベルデの監督解任劇

FCバルセロナに監督交代劇が発生しました。エルネスト・バルベルデが解雇となり、キケ・サティエンがその後任に就く。スーペルコパ準決勝でアトレティコに逆転負けを喫して以降、解任は時間の問題となっていましたが、呆気ないバルベルデ時代の終わりでした。そこに至るまでの経緯も残念、というおまけ付終焉です。
スポーツ紙

2020年01月14日(火)のバルセロナスポーツ紙:バルサ監督交代

2020年1月14日(火)のバルセロナスポーツ紙は、バルベルデがバルサ監督を解任され、その後任にキケ・セティエンが就く件がメインニュースです。
トップチーム

どうなるバルサ監督:チャビの決断を待つ

FCバルセロナがぐらぐらと揺れています。スーペルコパで残念な負け方をしたことで、バルトメウがエルネスト・バルベルデに対する信頼を失い、チャビ・エルナンデスに後任監督のオファーを提出。チャビがこれを受け入れれば、月曜日にも公式発表があるというのです。
スポンサーリンク
前日会見

バルベルデ「私に選べるなら、前のスーペルコパが良い」

サウジアラビアで1月に、4チームの参加で行われるようになったスーペルコパ・デ・エスパーニャ。リーガ王者 vs コパ王者の対決だったところ、興行優先によってファイナルフォー方式を採用したことでよく分からない大会となっていますが、前日会見のエルネスト・バルベルデも新フォーマットに苦言を呈しています。
マッチプレビュー

勝負のドルトムント戦:勝てばグループ首位確定、勝てないと・・・

FCバルセロナは今夜、カンプノウにボルシア・ドルトムントを迎えてのチャンピオンズ第5節に臨みます。ここで勝つことの褒美は大きく、1/8 final へと進めるだけでなくグループFの首位も確定できる。引き分け以下の場合は逆に敗退の可能性も出てくるので、是が非でも勝って楽になっておきたい勝負の一戦です。でもしかし。
ポストマッチ

中盤を削って4-2-3-1という泣ける選択:レガネス戦

バルサがどうにかこうにか逆転勝利を収めた、ブタルケでのCDレガネス戦(1-2)。これがもう見事に、ただ勝てて良かった試合でした。ここ数週間のダメフットボールが改善する兆しを示されることもなく、これから迎える大一番を前に不安ばかりが募る内容。待ったなしでやってくるドルトムント戦やアトレティコ戦を、この調子で戦えるんでしょうか。
マッチプレビュー

カンプノウにフットボールが戻ってくる:バジャドリー戦プレビュー

安全を理由にエル・クラシコが延期されたことで、FIFAウィークでもないのにラ・リーガの試合がない奇妙な週末をバルセロナ(とマドリー)は過ごしました。バルサを待っているのは休む間もなく試合が連続する7日間(バジャドリー、レバンテ、スラビア・プラハ)であり、その一つめとなる“プセラ”戦ではローテーションがあると見られています(アルトゥールが招集外)。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました