「 左ラテラル 」一覧

NO IMAGE

期待の左ラテラル、マルク・ククレヤと契約延長

FCバルセロナが左ラテラルのキラキラ星、マルク・ククレヤ(18)との契約を2021年6月30日まで4年間延長しました。彼との契約は今月末で満了だったので、ようやく合意に達したというところ。ククレヤは常にバルサ残留を志望していたとはいえ、マンチェスター・シティやドルトムントが強い関心を示していたとされるカンテラーノとの契約を無事延ばせたことで、ファンとしても一安心です。同じく国外の有力クラブが興味を示しているというエムボラ(UEFAユースリーグ得点王)との契約延長は、厳しそうな状況ですが・・・。

NO IMAGE

テオ・エルナンデス獲得目前?

バルサの2017年夏一人目の補強選手として、テオ・エルナンデス(19)の名前が挙がっています。FCバルセロナがアラベスへと期限付き移籍中のデフェンサを納得させたと報じたのは全国区のラジオ局ONDA CERO(オンダ・セロ)の番組 El Transistorで、その後各メディアが追随。テオ・エルナンデスはレアル・マドリーと合意に至ったとも報じられていましたが、元の所属クラブであるアトレティコからエル・ブランコへの“禁断の移籍”は危険と、バルサ行きに考えを変えたとされます。番組ではまた、ジョルディ・アルバがアトレティコへ期限付き移籍される可能性も伝えていますが、こちらの線は薄いでしょう。

NO IMAGE

左ラテラルに選ばれたのはディニャ

FCバルセロナがサムエル・ウムティティの獲得を公式に発表した7月12日(火)午後、メディアが一斉に報じたのが、カタランクラブがPSGのフランス人 Lucas Digne を獲得目前だとするニュースでした。あとはクラブ間での最後の調整を残すのみとのことですから、この夏の優先補強ポイントとされていたジョルディ・アルバの競争相手 兼ローテーション役となる左ラテラルは、どうやらこれで決まりでしょう。バルサはこの13日のうちにもDigne獲得を発表するだろうと見られています。

トップへ戻る