ジョルディ・アルバを欠くと、バルサは勝てない

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

スポンサーリンク

不動のレギュラーに控え選手なく、良い解決策も見えない

バルベルデチームが抱える懸案事項、それが左ラテラルです。ジョルディ・アルバが素晴しすぎるので、左サイドは彼不在の時の落差が激しい。攻撃のオプションがひとつなくなることで、チーム全体の出来にも見逃せない差が現れます。

そのジョルディ・アルバが、週末のサン・マメス遠征では起用できない。 カード累積5枚で出場停止となるからです。

バルサはジョルディ・アルバが先発から外れた試合では、コパの格下チームとの対戦は別として、勝ててないとのデータもあります。
ラ・リーガのレガネス戦(2-1)、コパのレバンテ戦(2-1)とセビージャ戦(2-0)がそうで、ローテーションというよりは実験に失敗し、チーム全体の出来がひどかったのですが、アルバが先発しないと勝ててないのは事実。先週末のバレンシア戦(2-2)もそうでした。

Embed from Getty Images

不均衡なスカッド編成

替えのきかないジョルディ・アルバを疲労させないために、最近のエルネスト・バルベルデは左ラテラルでよくローテーションをしています。

それは良いのですが(むしろ不可欠)、スカッド計画のマズさが目立つのが辛い。

開幕当初に控えラテラルと期待されていたバルサBのファン・ミランダ(19)が選択肢から消え、最近のチングリが起用するのは、利き足が逆のセルジ・ロベルトネルソン・セメドばかりです。セルジは器用にプレーしますし、バレンシア戦ではポストを叩くシュートを打ってますが、やはり右の方がいいですからね。

右ラテラルではムッサ・ワゲをトップチームのトレーニングに呼んだり、来夏にはエメルソンも獲得することを発表したり(そしてしばらくベティスで修行?)と動きがあるのに、左ラテラルで動きがないのは、強化技術部はファン・ミランダに期待をかけているということか。

ミランダは19歳。3年後くらいに戦力になっていれば上々です。でもそれまでの控え問題をどうにかせねばならない。FIFA制裁やらで、22歳あたりの世代を育てられなかったのが効いてますよ。グリマルド(23)は出て行っちゃいましたしね。。。

コパクラシコはもちろん気になるけれど、その次のサンマメス遠征でジョルディ・アルバがいないことが不安、という件でした。

このニュースのまとめ

  • ・ジョルディ・アルバがリーガ次節(サンマメスでのアスレティック戦)は出場停止
  • ・アルバはパフォーマンスが抜きん出ており、不在だと影響が顕著
  • ・最近は右ラテラルの選手たちを左に回しているが・・・

スポンサーリンク
キャンペーン
バルサ用語辞典

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

『ジョルディ・アルバを欠くと、バルサは勝てない』へのコメント

  1. 名前:ばるふぁん 投稿日:2019/02/07(木) 22:50:19 ID:26dd7a98b

    いっそマウコム左ラテラルでいいんじゃなかろうか。アルバもほとんどウイングなんだし。

トップへ戻る