ぷち情報集(3/02)

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

国際Aマッチによるエクソドス(選手大量離脱)もいち段落し、シウター・エスポルティーバでのトレーニングとその後の選手会見というルーチンがバルサに戻ってきました。昨日のトレーニングでのニュースは、代表合宿中にチアゴが右あし脛骨に骨膜炎とやらを起こしたことと、ドイツ戦にフル出場したアビダルが鼠けい部痛(スポーツヘルニア)を患ってセッションを休んだこと。連日フル稼働中のメッシもまた、土曜のスポルティング戦が出場停止ということで、月曜までフィエスタをもらっています。

◇クガット医師、「ビジャの経過は非常に良好」

昨日こちらでお伝えしましたように、ダビド・ビジャは水曜から松葉杖をなしで歩いていいという許可を得ています。そのOKを出したのは12月に彼の折れた脛骨を手術したスポーツ医学の大権威、ドクター・ラモン・クガット。クレにとってはもはやクラブドクターも同然の彼が木曜、ラジオ局COPEの取材に答えこう語っています。「ビジャはプロフェッショナル。少しでも早くプレーに戻ろうとしている。しかし私たちは怪我と上手く折り合いをつけていくしかないんや。今はシュートを打つ段階やなく、しっかりと動けるようになって筋肉の強度を上げていく段階。現時点で、彼は痛みを感じてはいない。医療的経過は非常に良好や」

このまま順調に回復を続けていければ、ビジャはあと3週間ほどでランニングができるようになるそうです。

◇ペップの返答

さてこちら、バルセロナに本拠を置く一般紙EL PERIODICO(EP)の記事からの紹介です。それによりますと、ペップ・グアルディオラは1ヶ月前、今シーズンかぎりでの退団へと気持ちは傾いていたそうです。そう決めたわけではなかったけれど、傾いていた。バレンシア戦(20日)の前日会見での「迷っている」発言は、そういった状況下で出たものでした。しかしこの数週間でペップの考えにも変化が現れるようになり、この木曜夜にロセイ会長の自宅で行なわれたスビやバルトメウ副会長との夕食会議に、ミスターとティトも出席。来季の構想について話し合ったというのです。

あくまでもフィーリングなのですが、クラブ首脳陣は以前に比べてずっと、ペップが続投しそうだという感触を手にしています。今回テクニコはクラブに対して一切条件なり要求を出してはおらず、組織に不満があって残留を迷っているわけではありません(きっと)。迷っているのは、あくまでも個人的な問題。ではそれがなにかといえば、EP紙はアシスタントで親友のティト・ビラノバの健康状態なのだと述べています。ペップはティトがこれまでのように万全の体調で側にいられる場合のみ、バルサの監督を続けていく考えだと。そのティトは2月14日のレバークーゼン遠征より、仕事完全復帰の許可を得ています。

さてこの国際Aマッチによる仕事休みを利用して、グアルディオラは欧州の某都市へと旅行してきたそうです。同じように休日をもらったモウリーニョは、ロンドンで写真を撮られて新たなウワサに火をつけていましたが、ペップはお忍び旅行に成功。どこへ行っていたのかは、全く明らかにはされていません。で、EP紙がいうところではこのお忍び旅行はグアルディオラの決断がおおよそ下ったことによるものであり、帰国後にロセイ自宅会議に参加したのは、明らかに続投への意欲を示すサインだというわけです。その読みが見事に的中していることを、ただただ願う今日この頃。

◇新カンプノウ?

クラブの理事会がカンプノウのリフォームを検討しているという記事をお伝えしましたが、いやいや、もっと話はでっかいとMUNDO DEPORTIVO(MD)紙が昨日から押しているのが、新スタジアム建設計画です。クラブが今一番プッシュしているのが、バスケのユーロリーガがクラブに求める条件(収容人数1万人以上)を満たす新パビリオンの建設。そして同時にカンプノウの快適度をアップさせるために大型改修も計画しているところまでは、クラブのジョルディ・モイシュ理事も地元のラジオ番組で認めています。

しかしそのリフォームに1億5千万ユーロが必要というのであれば、新スタジアム建設もクラブは考えていると言うのがMD紙。完成して半世紀以上が経過しているカンプノウは、1億ユーロをかけて改装したところで快適性・利便性・エンターテインメント性が大幅にアップするかといえば限界があり、それならば新しいスタジアムを造るがいいんじゃないか?というわけです。

そしてMD紙によれば、その新たなるスタジアムはラス・コルツ地区(カンプノウ近辺)に造るというのですが、さてどうなりますやら。3月中旬の理事会で、この件についても突っ込んで話し合われるということです。いずれにせよ諸手続きに時間がかかるので、実現したとして数年後となります。ちなみにMD紙のウェブアンケートによれば、「カンプノウのリフォームに賛成」という回答が48%、「新スタジアム建設」が39%、「場所次第」が12%となっています(3,477票時点)。

キャンペーン
スポンサーリンク

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

トップへ戻る