ガンペル杯の背番号が示すヒント

ネイマールの空けた11番が主を待つ

シャペコエンセを迎えてのジョアン・ガンペル杯を前に、FCバルセロナが発表した画像がちょっとした話題になっています。それはスカッドの背番号を一覧にしたものなのですが、幾つかの注目点がある。それは例えば、紹介されている全28選手のうち、何故だかトーマス・ベルマーレンだけ番号が割り振られていないというものです。ポルケ?

dorsales para gamper

ベルマーレンは先週のジローナとの練習試合でヒザを打撲しており、このシャペコエンセ戦は欠場だったのですが、彼だけ番号なしだと妙な感じ。同じく負傷欠場のラフィーニャアンドレ・ゴメスと違って、昨シーズンのベルマーレンには番号がなかったから、というのが大体の理由でしょうが、同じように期限付き移籍していたムニール(29)やドグラス(28)にBチーム番号が振られているのですから、適当に31あたりでもよいのでは、と思うところです。

プレシーズンマッチでは第4のセントラルとしてアピール機会をもらっていたベルマーレンですが、イニゴ・マルチネスも来るみたいですし、残る可能性はあまりないでしょう。なのでこの話題も特に食いつくほどでもないのですが、番号なしはちょっと不憫?かなと感じた次第であります。

スポンサーリンク

空き番号は11、15、24

そしてあくまでこれはガンペル杯用の背番号で、確定ではないにせよ、正式番号のヒントにはなるでしょう。新加入のネルソン・セメドは初年度にして2番をもらっています。ジェラール・デウロフェウは16番。マルロン・サントスはBチーム選手番号の26、カルラス・アラニャーもフィリアル選手用の30番です。サンペールも27なので、チームに残り続けるかどうか微妙そうな雰囲気ですが、バルベルデが戦力にしてくれますように。

現時点で余っているのは、ネイマールが空けた11番と、15番、24番といったところ。仮にウスマン・デンベレが獲れれば11番になるでしょうし、コウチーニョの場合はもしアルダが抜ければ7番あたりでしょうか。デンベレがダメな場合はコウチーニョの11番もありそう。イニゴ・マルチネスは15番、そして24番はサンペールにどうか。

トップへ戻る