2017年11月20日(月)のバルセロナスポーツ紙:首位を快走するバルサ

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

2017年11月20日(月)のバルセロナスポーツ紙は、FCバルセロナのリーガでの快進撃を各紙が特集。次の週末へと迫ったバレンシアとの首位攻防戦を盛り上げています。SPORTは10ポイント差を逆転した前例はない、言い訳をするなとマドリーを攻撃。

スポンサーリンク

MD「爆竹バルサ」

  • ■爆竹のバルサ(爆竹といえば火祭り=バレンシアなので、彼らとの首位争いにかけている模様)
  • ■4ポイント差のバレンシアのみが、記録ペースで勝ち続けるバルセロナに付いてきている
  • ■首位チームは逆転を信じるマドリー勢に10ポイント差を付け、メスタージャでプレーする
  • その他の見出し
  • ■ボルバラン、標的に:審判の非を訴えるレアル・マドリー。鼻骨の手術を避けるため、セルヒオ・ラモスは防護マスクを着用する
  • ■テニスATPファイナル:初参加のマスターズでディミトロフが優勝、ゴフィンを破る
  • ■バスケットボール:堅固なバルサがバレンシアに勝利(79-74)

SPORT「逆転は不可能」

  • ■逆転は不可能だ
  • ■10ポイント差をひっくり返してチャンピオンになったチームは存在しない
  • ■リーガで突っ走るバルサは次の週末、メスタージャで一撃を加えることを期待する
  • ■クリスティアノとベンセマのゴール欠如に絶望するマドリーは、正当化のために被害者面
  • その他の見出し
  • ■デンベレ、飛び始めた“モスキート”
  • ■バレンシアがコルネリャで勝利、(優勝に)立候補
  • ■グリースマン、退場門に:観客席からブーイング
  • ■不調のユベントス:サンプドリア 3-2 ユベントス
キャンペーン
スポンサーリンク

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

トップへ戻る