「 チーム情報 」一覧

2018/19シーズンのチーム計画、決めるべき課題

2018/19シーズンのチーム計画、決めるべき課題

歴史的に価値あるリーガとコパのドブレーテ(二冠)を達成し、市内パレードでその功績を称え合ったバルセロナ。長かったシーズンも残すところリーガの4試合のみとなり、そろそろ来季のスカッド編成計画が本格的に始まっていきます。おそらくは5月半ばにも最初の重役会議が行われる予定です。

あまりローテーションしないバルベルデ流、結果はいかに

あまりローテーションしないバルベルデ流、結果はいかに

エルネスト・バルベルデと前監督ルイス・エンリケの違いは幾つもありますが、ローテーションの過激度はその一つです。代表戦明けに大幅に選手を入れ替えて勝点を落としていたルーチョに対し、チングリはローテーションしつつも控えめ。それがパフォーマンスや成績の安定につながっています...

バルベルデを陰で支える敏腕アシスタント、ジョン・アスピアス

バルベルデを陰で支える敏腕アシスタント、ジョン・アスピアス

突然ですが、ここで問題です。「エルネスト・バルベルデの第二監督を務めているのは誰?」 ペップ・グアルディオラの右腕はティト・ビラノバ、ルイス・エンリケはファン・カルロス・ウンスエと、わりとすんなりと名前が出てくるアシスタント監督もいますが、チングリの右腕は地味...

エイバル戦はローテーション

エイバル戦はローテーション

18日(月)のトレーニング終了後、エルネスト・バルベルデの発表したエイバル戦招集リストには、ちょっとしたサプライズがありました。スーペルコパからずっと先発フル出場を続けていたサムエル・ウンティティが休みとなり、代わりにトーマス・ベルマーレン、アレイシ・ビダル、ルカス・ディニェら最近招集外だった選手たちが選ばれたのです

トップへ戻る