バロンデオロ最終候補

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

スポンサーリンク

今年の表彰台も、バルサふたり+クリスティアノ。

バロンデオロのファイナリスト3人が発表となりました。その面子は圧倒的本命であるレオ・メッシと、UEFA欧州最優秀選手であるアンドレス・イニエスタ、そして悲しみジョニーのポルトガル人色男。レオとドン以外の枠がやっぱりCR7だったねというだけで、特にサプライズのない予想どおりの顔ぶれでありました。その他バルサ関連では、メッシはFIFA/FIFRroワールドイレブンのデランテロ部門でもノミネート。年間最優秀監督賞ではペップ・グアルディオラがデルボスケ、ポルケとともにファイナリストとなっています。

ワンツーフィニッシュ希望

もはや感覚が麻痺気味ですが、バロンデオロのファイナリストにふたりもの選手を送り込むというのは、実のところとんでもないことです。しかもバルサはメッシが3連覇をスタートさせた2009年以降、毎年ふたりが同賞の表彰台を占めています。2010年度は驚愕の表彰台独占も果たし、レオとドンが健在であるかぎり、あと数年はこの状態が続きそうな勢いなのがエグイです。CR7はお気の毒ですが、生まれた年が数年悪かったと思うしかありませんな。1回受賞できたんだから、良かったじゃないですか。カシージャスなんて、その舞台にも立てません。

現時点での注目はバロンデオロの受賞者がメッシかイニエスタかというよりも、白組のクリスティアノと監督+FIFA/FIFProワールドイレブン受賞者たちがチューリッヒにやってくるのか、でありましょうか。栄えあるセレモニーは1月7日にありますが、その直後には大事なコパが控えていますから、ちょっと無理かもしれませんなぁ・・・去年もコパがあるからということで来れなかったしなぁ。あっ、監督はクリスマスを前にフリーの身になってるかもしれないですケド。

一年で最も優れたフットボル選手を称える賞であるというなら、レオ・メッシ以外には考えられません。3年連続で受賞しているから、そろそろ別の選手にとか、そんな考慮は必要ない(ドンにも獲ってほしいけれど)。レオが世界一であるなら、十年でも連続受賞すれば良いのです(ドン受賞も最高だけれど)。今年も年間ゴール数でペレを超え、ゲルト・ミュラーも近々打ち落とそうとしている。そのインパクトは大きいです。よって某ポルトガル人監督の言葉を借りるなら、「メッシが受賞を逃すことこそが罪」でしょう。願うのはメッシとドンのワンツーフィニッシュです。

チアゴくんは表に出さない

まあバロンデオロネタはその程度にして、SPORT紙に掲載してあった”CONFIDENCIAL”(内緒話)をこっそり紹介してみましょう。今週日曜日をもって、レオとアントネージャさんの間に息子チアゴくんが生まれて1ヶ月となります。アントネージャさんはすでにカステルデフェルスのメッシ宅に戻っているそうなので、レオと共に幸せな生活を送っていることと想像します。

しかし世界的スターのメッシですから、不自由な点もあります。それは世界中のゴシップ紙がチアゴくんの写真を狙っていて、スクープ写真には何百万円の”賞金”が賭けられているというんですな。ならばピケとシャキーラのデート写真、キス写真のごとく、敢えて堂々とすることで価値をなくす、という方法もあるでしょうが、それはきっとメッシとアントネージャさんの流儀ではない。ここまで全く公表されていないことからも、彼らは息子を表に出すつもりはないのが判ります。

ということで二人は、今年のクリスマスは母国アルゼンチンではなく、初めてバルセロナで過ごすことになるそうです。そういった点では、有名すぎるっていうのも大変なり。ただその記事によれば、メッシは近しい人たちに対しては子供が生まれて「ものすごく幸せ」だと語ってるそうですし、ピッチ上での活躍を見れば充実度は分かります。いちクレとしましては、控えめにチアゴくんへの愛情を表現するメッシを見ていければ嬉しいな、と思うところであります。

チアゴくんをチームに初披露

追加です。ちなみにレオは29日、チームメイトたちへと息子のチアゴくんを初紹介したそうです。MUNDO DEPORTIVO紙の伝えるところによると、練習の終わったメッシを迎えにシウター・エスポルティーバまで家族が来たところ、メッシはチアゴくんを抱いてロッカールームまで戻り、仲間たちに披露した、というお話。チアゴくんの思わぬ登場に、チームは沸きまくっていたそうでありますよ。多くの選手たちが、スーパースターの息子と記念撮影をしていたとのことです。

チアゴ「バロンデオロは夢」

こちらも追加。チアゴはチアゴでも、アルカンタラ家の長兄チアゴが29日の会見当番において、バロンデオロについて尋ねられ野心的なコメントをしていましたので、紹介しておきましょう。「僕は小さな頃から、バロンデオロを受賞するのが夢なんだ。すごいチビの時、僕は自宅でお皿をトロフィーのように掲げてたよ」

その夢が現実となる可能性は・・・ あるでしょう。それにはドンクラスにまで成長する必要はあるでしょうが。「まあだいぶ先の話だね。そのためにはハードに働き、クオリティを爆発させなければならない。現時点では、ずっと上の選手がいるんだ」。チアゴ・アルカンタラはただ今21歳。メッシはその年にはバロンデオロで2位になっていたわけですから、異次元のすごさです。

スポンサーリンク
キャンペーン
バルサ用語辞典

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

トップへ戻る