マスチェラーノとアルベス、今のところの状況

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

スポンサーリンク

話に大きな進展はなし。

ハビエル・マスチェラーノがユベントスと3年契約で基本合意したぞ、というSPORT紙の放った爆弾に各方面が盛り上がるなか、アルゼンチン代表へと合流しているマスチェ本人が同国のスポーツ専門チャンネル TyC Sports の番組 Doble 5 に登場。代表への想いについて語ると同時に、ウワサについてもコメントしています。気になるその内容は、移籍については否定も肯定もせず。またメディオセントロでのプレー希望やバルサへの不満ととれる言葉も述べているので、伝えるメディアによって解釈も違っている状況です。

ウワサを否定も肯定もしなかったヘフェシート

母国メディアのインタビューの中で、ユベントスへの移籍について訊ねられたマスチェラーノは、次のように語っています。「僕がバルセロナを去るというのはウワサ話だよ。僕はバルセロナにいて、クラブにはすごく感謝しているといつも言ってる。でも将来に起こることについては、言うことは出来ない僕はなにかにしがみ付くのが好きじゃないから」

「自分にチャンスを与えてくれた各クラブには感謝をしているし、バルセロナに来たことで僕は世界的に認められるようになって、たくさんのタイトルを獲得できた。終わりがいつ来るかは分からないけど、僕はいつも状況を分析しているし、バルサのようなクラブを離れるためには、多くのことを比較検討しなければならないと思ってるんだ。スペクタクルなクラブの一員として、スペクタクルな選手たちとプレーし、生活の質も高いとなれば尚更にね。でも楽しい日々もいつかは終わる。それが今なのか、1年後なのか、2-3年先なのかは僕には分からないよ」

メディアでは、マスチェラーノが抱える様々な問題をバルサがサポートしなかったことが、彼の心を移籍に動かしたと推測されています。「僕が経験したことやをクラブの人たちは知っているし、巷の人たちも個人レベルでの僕の問題のことを知っている」「理事会も、監督も、スポーツディレクターも、僕の意見を知っている。今年僕は多くの問題に苦しんでいた。でも出てくるウワサを全部否定して回ることも出来ないよ。そうしていたら頭がおかしくなってしまうだろうからね」

移籍を決断する際の重要な要素になると言われる、ピボーテでのプレーについて。マスチェラーノはバルサ入団を決意した理由について、「誰もが絶賛する監督のいる、ヨーロッパで最高のチームへ行くチャンスだったから」と説明しているのですが、ひとつ「暗い一面」もあったと述べています。「僕がポジションを変えようと決めたのは、バルセロナだったからだよ。自分のキャリアにおけるベストの時期に、僕はピボーテではなくデフェンサとしてプレーした。もっと自分のポジションで競いたかったけれど、何かを勝ち取るためには、諦めなければならないと理解してるさ」

どうでしょうか。これらのコメントから伝わってくるのは、“何かが進行中っぽい” もしくは“物事を検討中”ということです。退団にはそう積極的ではないけれど、ないとも明言できない状況… 可能性の一つとしては、契約内容アップのために、代理人氏が動いているのかもしれません。MD紙のミゲル・リコ記者によると、マスチェを確保できるのであればバルサは問題なく年俸アップを行うだろうとのこと。そのあたりで落ち着くことを期待します。

アルベスは移籍で間違いなしか

一方でダニ・アルベスのユベントス行きのウワサですが、こちらはSPORT紙が断言するように移籍で決着しそうな気配です。昨日、ダニの元妻であるディノラ・サンタナ代理人がMD紙に対して「バルサで満足しているし、ここを去る考えはない」と語っている一方で、代表チームに合流するためにカリフォルニアへと到着したアルベス自身は報道陣にノーコメントを通したようです。代理人がバルサにいるというのなら、彼もそう言えばいいではないか。そこから考えられるのは、ディノラ代理人の発言がバルサの機嫌を悪化させないよう狙ったものである、ということです。

伝えられるところによると、バルセロナはアルベス側がクラブになんら報告することなくユベントスとの話を進め、メディア報道が先行したことに立腹しているそうです。なので「まだオファーはない」と言い、とりあえず事を鎮める。そうして数日後にクラブにユベントスから良い話が来たんですけど、と報告すれば、ひょっとすれば“契約内容を上げるので残らないか”と言われるかもしれないし、さすがにそれが無理でも“分かった、では残念だが私たちの縁はここまで。長い間ありがとう”と表門からカンプノウを去れましょう。

ユベントスとアルベスの合意はない、というMD紙ですが、それはまだないというだけの話で、ダニがチームメイトたちに退団する旨を伝え、サヨナラ食事会を約束したとは記しています。なのでバルサ史上最高の右ラテラルはもう退団で決まりっぽいです。寂しい話ですけれど…。

キャンペーン
スポンサーリンク

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

『マスチェラーノとアルベス、今のところの状況』へのコメント

  1. 名前:silver 投稿日:2016/05/28(土) 18:17:00 ID:1f0b3a2d7

    アルベス退団ですか…
    名残惜しいですね…

    それによって、ベジェリンやら何やら
    後任の噂がいろいろと出ていますが……

    来季の右ラテラルはどうなることやら……

トップへ戻る