バルベルデ「世界最高選手が誰か、私たちの誰もが知っている」

オリンピアコス戦の前日会見で、レオ・メッシを暗に称えたバルサ監督

チャンピオンズリーグの前日会見にて、レオ・メッシがバロンデオロ2017の有力候補ではないとかいう意味不明な状況について訊ねられたエルネスト・バルベルデ。クレとしては、じゃあメッシ以外に誰が相応しいのかとちゃぶ台でもひっくり返したくなりますが、バルサ監督は個人賞なんてそんな重要でもないだろうと答えています。

世界最高の選手が誰なのか、私たちの誰もが知っているからね・・・ 実際、あるトロフィーが誰に与えられるのか、私は大して気にしてないんだ。本当だよ」

スポンサーリンク

これ以上のバロンは要らない

この後、監督には再び同様の質問が投げ枯れられたそうです。クリスティアノにバロンデオロが与えられる場合、あなたはそれを奇妙に思いますか?チングリは少しうんざりした様子でこう言いました。「私はすでに答えているし、これ以上のバロン(ボール)は必要としていないさ。オロ(金)もプラタ(銀)もブロンセ(銅)もね・・・ 誰がベストなのか、私たちはもう知っているんだから」

それはそうなんですが、あの選手が自尊心を満たして吠えるところなんて見せられるのは非常に面白くないですし、このところのレオの圧巻のパフォーマンスを見ていると、単純に彼で決まりでしょう。受賞うんぬん以前に、本命ではないとかいうのが意味不明です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました