国王杯ムルシア戦は、カンテラーノ祭りになる?

日曜日のトレーニングにはバルサBの7選手が参加

明日10月24日(火)にヌエバ・コンドミナにて開催される、レアル・ムルシアとの国王杯1/16ファイナル・イダ(第1戦)では、フレッシュなバルサが見られそうです。

エルネスト・バルベルデは昨日22日(日)のトレーニングに、7人のバルサB選手たちを呼んでおり、恐らくはこのうち3~4人がムルシア遠征メンバーに招集を受けるでしょう。

スポンサーリンク

主力7選手に休み

バルベルデがセッションに呼んだフィリアル(Bチーム)の選手はホセ・アルナイスカルラス・アラニャーマルク・ククレヤオリオル・ブスケツビティーニョカルラス・ペレスアドリア・オルトラの7人です。

一方でテル・ステーゲンセルヒオ・ブスケツアンドレス・イニエスタルイス・スアレスレオ・メッシサムエル・ウンティティパウリーニョの7人が水曜日までの3連休をもらってますから、アレイシ・ビダルアルダ・トゥランが違和感によって欠場となれば、起用できるトップチーム選手はわずか12人です。

4-5選手は出場のチャンスありか

なお、国王杯1/16ファイナルの規約では、

  • ■招集できるメンバーはベンチも含めて16人のみ
  • ■ピッチ上にはトップチーム選手が最低7人はいなければならない
  • ■試合中に起用できるBチームの選手は6人まで

という縛りがあります。

これらからムルシア戦の面子を予想すると、オルトラシレセンの控えとしてベンチに入る。ククレヤディニェの控えでベンチに入る。アラニャーは先発も濃厚。ピボーテもオリオル・ブスケツに出番がありそう。エストレーモのアルナイスは試さない手はない。この5人はリスト入りが固いんじゃないかなと。

トップチームではシレセンセメドマスチェラーノベルマーレンディニェデニスアンドレ・ゴメスデウロフェウアルカセルあたりが先発濃厚ですかね。ピケセルジ・ロベルトラキティッチはベンチ観戦で。

こういう大幅なローテーションがある試合はしょっぱい内容になることも多いですが、控えになっている選手たちも含め、貴重なアピールの機会を活用してほしいです。昨年はアラニャーがチームを黒星から救いましたが、さあ今回はどうだ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました