スアレスはEU選手扱いらしい・・・!

事実であれば、冬にコウチーニョとミナを登録可能

ここ数日、ブラジル人のフィリッペ・コウチーニョとコロンビア人のジェリー・ミナの両取りを盛んに推しているMD(ムンドデポルティボ)紙は、二人とも獲得すると4人になってしまうEU圏外選手をどう考えているのだろう、という疑問。これにMDが回答し、「両方獲得しても問題ない!」と断言しています。

Embed from Getty Images

スポンサーリンク

妻の恩恵を受けているとか

ラ・リーガの規約では、各クラブが登録できるEU外選手は3人まで、と定められています。

2017/18シーズンのバルセロナはウルグアイ人のルイス・スアレスとブラジル人のパウリーニョ・ベセーラがいるので、残る枠は1つ。これが一般的(だと思う)な認識だったわけです。

ジェリー・ミナの冬加入は結局、コウチーニョ次第
この冬のFCバルセロナはいつになく、補強マーケットを活用しようと動いています。最大の目標は白組に2連覇されたチャンピオンズの奪還につき、優先補強ポイントは違いを見せてくれる攻撃陣の獲得。ここはもうコウチーニョに全力投入で間違いなさそうです...

しかし12月13日のMDウェブは、「我々はもうすでに8月に報告してますけど」と前置きし、「ルイス・スアレスはEU内選手としてプレーしている、その理由は妻のソフィア・バルビがイタリアのパスポートを持っているからだ」と説明しています。

だからEU外選手はパウリーニョだけで、1月にコウチーニョミナを両方獲得しても、二人を問題なく登録できると。

これは事実であれば嬉しい情報ですが、「クラブ筋が弊紙に確証した」とかではなく、ラ・リーガあたりにも問い合わせた方が良いような・・・?そのうちSPORTも追加情報を出してくるに違いないので、ちょっと様子を見てみましょう。

このニュースのまとめ

  • ・ラ・リーガで登録できるEU外選手は各チーム3人まで
  • ・スアレスは妻がイタリア国籍を持っているのでEU内選手だとMD
  • ・それが事実ならEU外はパウリーニョだけとなり、コウチーニョとミナを1月に登録可能

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました