セルジ・ロベルト「6-1のゴールはいつまでも覚えてる」

奇跡的な逆転劇の英雄が、1年前のあの瞬間を振り返る

昨日3月8日は、バルセロニスタにとっては心の祝日。あのPSG戦の歴史的大レムンターダ(逆転劇)から1周年記念日でした。6-1決勝弾を決めたセルジ・ロベルトは各メディアから引っ張りだこ。改めて思いますが、あれを決めたのがセルジで本当に良かったです。

スポンサーリンク

「もう一度は難しいだろうけど・・・」

我らのセルジ・ロベルトは昨夜、バルセロナのラジオ局RAC1の番組 Tu diràs に出演。パリでの4-0をひっくり返したカンプノウの奇跡について振り返っています。

英雄セルジ・ロベルト「夢か現実か分からなかった」
FCバルセロナがパリサンジェルマンに6-1で勝利し、チャンピオンズ1/4進出を決めた水曜の試合に関しては、何からどう書いていいやら分からないのが正直なところです。印象的に強く残っているのは、勝負に大きな影響をもたらしたカンプノウという舞台装置。魔法の夜とはよく用いられる表現ですが、テレビで見るだけでは伝わりきらない、あの場の空気が選手たちのみならず審判たちも飲み込み、なにかに魅入られたかのようにあの通常では起こりえない結末へと向かっていったのでしょう。それを演出したのが最後の最後まで勝負を諦めなかった選手たち(ネイマール)であるのは間違いなく、セルジ・ロベルトが無我夢中でボールへと飛び込んだことで、いわゆる“奇跡”が起きた。新たな英雄の説明によると、彼も何がどうだったのかよく覚えていないそうです。

「その日のことは、誰も予想してなかったよね。(逆転は)難しかったし、PSGに1点決められた後はさらに厳しくなってた。全員が必死だったんだ。PSGがマルク(テル・ステーゲン)にファールをして、ネイマールがボールを入れて、僕がフィニッシュをして。オフサイドにならなかったのはツイていたよ。身体を投げ出した僕にできたのは、足を強く当てないようにすることだけだった。少し上がったように見えたけど、そこから入ったね」

僕は得点の多い選手じゃないけど、あの瞬間はあそこにいたんだ。残念なことに僕らは、チャンピオンズは獲れなかった 。でも僕はあのゴールのことをずっと忘れないだろう 。僕は一生クレだから、カンプノウで、バルサのシャツを着て、バルサファンにあの喜びを提供できたことは唯一の体験だった

あのゴールで、セルジはバルセロニスタにとって英雄となりました。

「人々はあのゴールで僕のことを覚えていて、街を歩いていると、唯一で特別な瞬間を経験したって言われるんだ。あのゴールを決めたのが僕でラッキーだよ」

出来ることなら、自分も通りでセルジ・ロベルトに感謝の気持ちを伝えたい。
そして、出来るならまたすごいのを期待したいです。

ああいう瞬間をもう一度体験するのは難しいだろうけど、また別のすごくステキな体験を続けられればいいよね

メッシ「キミは世界最高のラテラルの一人」

この番組では、セルジ・ロベルトに向け、レオ・メッシからの祝福のメッセージも届いています。豪華!
にこにこしながら聴く、セルジの表情がいいですよね。

メッシ「信じられないゴールだったし、驚くべき瞬間だったね」

メッシ「キミがラテラルでプレーをし始めた日のことを思い出すよ。僕はキミにどんな具合だって訊ねたよね。キミはそんなに好きでもないって顔をしていたけど、今のキミは世界最高のラテラルの一人だよ。これからも長く、僕らが楽しんでいけることを願ってる」

世界最高選手からのサプライズメッセージを受け、セルジ・ロベルトはこう答えています。

レオがこんなメッセージをくれるなんて、予想してなかったよ。すごく感謝をしているし、この言葉をいつまでも忘れないだろうね。僕ら全員を楽しませてくれる彼にありがとうと言うよ。彼がチームメイトだなんて、プライスレスだから」

「その会話のことは覚えてる。ラテラルは僕にとって新しいことだったけど、あれから数年が経って、僕はたくさんの試合に出てきた。それもこれも、同じサイドでプレーをしてきた彼のおかげさ。彼の横でプレーできるのは光栄なことだよ」

このニュースのまとめ

  • ・6-1で大逆転したPSG戦から1年
  • ・劇的決勝点を決めたセルジ・ロベルトはメディアに引っ張りだこ
  • ・ラジオ番組で興奮の瞬間を振り返った
  • ・メッシからサプライズメッセージ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました