決勝男のメッシ、初タイトルに意気込むコウチーニョ:コパ決勝

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

スポンサーリンク

立場は違えど、タイトルを熱望する気持ちは同じ。いざ、バルサ史上30回目となるコパ制覇へ

バルベルデのバルサが、念願のタイトル獲得まであと一歩に迫っています。明日4月21日(土)にワンダ・メトロポリターノで行われる、セビージャとのコパ・デル・レイ(国王杯)決勝。バルサが勝てば、クラブ史上30回目となるコパ獲得です。

メッシ:17回目の(1試合制)ファイナル

リオネル・メッシがバルサで一発勝負の決勝戦に挑むのは、これが17回目になります。そのうちでトロフィーを掲げられたのは14回。2試合制のファイナル(スーペルコパ)も含めると27度目の決勝戦です。

トップデビューして12年、それらのファイナルで27ゴール(10アシスト)を決めているメッシの歴史は、そのままバルサ栄光の歴史となります。

ギガクラックがバルサで手にしたタイトルは、実に30個

(内訳はチャンピオンズ4、リーガ8、コパ5、クラブワールドカップ3、UEFAスーパーカップ3、そしてスーペルコパ・デ・エスパーニャが7)

獲得タイトル30はアンドレス・イニエスタと同数ですが、二人が一緒にプレーする決勝戦は今回が最後なのか・・・ と考えると切なくなってキーボードを叩く指も止まりそうです。セビジスタには申し訳ないけれど、トロフィーは是非ドンレオに掲げてもらいましょう。

Embed from Getty Images

コウチーニョ:念願のタイトル獲得へ

一方で、エルネスト・バルベルデコウチーニョパウリーニョデンベレセメドジェリー・ミナにとってはこれがバルサで初のタイトル挑戦です。

特にタイトルに情熱を燃やしているのが、5年間のリバポー生活ではひとつのタイトルも得られなかったフィリペ・コウチーニョ。「タイトルを獲るためにここへ来た」というコウチーニョですから、今はさぞかし落ち着かない時を過ごしていることでしょう(下にバルサTVでのコメントを一部)。

クロップのリバポーではタイトルのチャンスがなかったわけでなく、2015/16シーズンはリーグカップ(対マンチェスター・シティ)とヨーロッパリーグ(対セビージャ)の決勝戦をプレーしてます。
しかしいずれも栄冠には届かず。
明日は因縁のセビージャ相手にリベンジできる機会ですから、逃すわけにはいきますまい。

(※インテルでは2010年に3つタイトルを得ているが、決勝は出場せず)

セビージャもまた決勝戦のスペシャリストですし、3月末のラ・リーガでは敗北寸前まで追い込まれましたが、今回はチーム全体のコンディションが改善されていると期待しましょう。そして繰り返しますが、イニエスタメッシによるトロフィー揚げを見たい。攻めていこうぜ、チングリさん。

「決勝戦がプレーしたくて堪らない」

以下、フィリペ・コウチーニョのバルサTVでのコメント一部です。

こういう試合をプレーして、タイトルを獲得するために僕はここに来たんだ」

試合の前はプレーがしたくて堪らなくなる。きらめく瞬間だよ。僕にとっては、バルサで決勝戦をプレーする最初の機会だ。チームが最高の試合をできるように、僕にやれることは全部やるよ」

「決勝戦では何が起こるか、決して分からない。すばらしい試合になるだろうから、僕らはバルサとしてプレーしないとね」

スタジアムへと向かう途中は、音楽を聴くのが好きだね。それで集中するんだ。どんなジャンルも好きだけど、よく聴くのはブラジルのサンバ。試合が近づくほどに陽気な歌になるよ。それから試合の前日は、眠る前に少し試合のことを考えるようにしてる」

このニュースのまとめ

  • ・決勝はお手のもの、メッシ
  • ・リバポーでは無冠、タイトルを熱望するコウチーニョ
  • ・「決勝をプレーしたくて堪らない」

スポンサーリンク
キャンペーン
バルサ用語辞典

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

トップへ戻る