バルベルデが明かす、昇格予定のカンテラーノ“2人”

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

スポンサーリンク

アラニャーは確定、もし怪我から回復すればオリオルにもチャンスはくる

ラ・リーガは来週末まで続きますが、バルサ系メディアの関心の多くは来季のチーム編成へと向かっています。レバンテ戦の前日会見でエルネスト・バルベルデが明かしたのは、20~22人編成のコンパクトなスカッドとすることと、バルサBから2人の若者を昇格させる考えであること。その2人はカルラス・アラニャーオリオル・ブスケツです。

チングリさんはこう説明しています。

「シーズンが終われば分析をしていくけれど、カルラス・アラニャーに関しては私たちのところへ来ることがハッキリしている。残りの選手たちは、これから評価していくよ。オリオル・ブスケツもまた上げたい選手だ。しかし彼は大きな怪我をしているので、今はリハビリの経過を見ているところ。少し待つことにしている」

Bチーム選手を呼ばなかった理由

トップチームのトレーニングに日々参加しているアラニャーが昇格するのは、監督のこの言葉からも確定的。

意外だったのはオリオル・ブスケツを高く評価していることで、夏までに回復してプレシーズンでアピールが出来れば、少なくとも今季のアラニャーの位置には納まれそうです。

2017/18シーズンのバルベルデは、ここはバルサB選手を起用するべきではという状況でもトップチーム選手でやり繰りしたことが何度かありました。その理由については、こう説明する指揮官です。

「私の場合、スカッドがあまり大きくならないことが基本なんだ。私はいつも自分のチームを閉じているけれど、それは選手たちがチームにいて、自分に自信を持っているのが好きだからだよ。一時的に上げたり下げたりすると、自分がどこにいるのか分からなくなるのであまり賛成じゃない」

「非常に著しい何人かの選手たちが、今年のアラニャのようにトップチームのダイナミズムにいるのが好きだ」

来季は20~22人編成のスカッドに

道理でホルヘ・クエンカマルク・ククレジャも使われないわけでして。

トップチームの人員が余っていればそちらが優先起用されるので、カンテラーノが出番を得るためにはスカッドを少数精鋭にし、有望なフィリアル(B)の選手を日常的にトレーニングに参加させる。

オリオルもまずはトップチームと長く行動を共にすることが昇格への一歩です。
扉は開かれているっぽいので、ファイト。

理想とするスカッドの人数に関しては、「私にとっては、20人から22人のスカッドが良い」とのこと。
実は今も22名なので、カンテラーノに出番がくるためには20人くらいが理想でしょうか。

もしウワサどおりにグリースマンが加入し、アラニャーが昇格するのであれば、最低2人の放出となります。冬にはアルトゥールが加わるとすれば、3人。グリースマン獲得資金の捻出もありますし、移籍不可でない選手でBチームに控え候補がいる選手なら、良いオファーが届けば出す感じか。

現在退団の可能性が報じられているのは、アレイシ・ビダルアンドレ・ゴメスルカス・ディニェあたりです。ああそうだ、アンドレス・イニエスタも退団でした。。。

このニュースのまとめ

  • ・レバンテ戦の前日会見でバルベルデ語る
  • ・アラニャーは確定、オリオルにもチャンス
  • ・来季のスカッドは20~22人にしたいと監督

スポンサーリンク
キャンペーン
バルサ用語辞典

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

トップへ戻る